【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、スマホ転送対応の20倍ズーム機「FinePix F800EXR」


 富士フイルムは、光学20倍ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラ「FinePix F800EXR」を8月11日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は4万円前後の見込み。カラーはブラック、レッド、ホワイト、シャンパンゴールドを用意する。

FinePix F800EXR(ブラック)

 35mm判換算25-500mm相当の20倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。無線LAN対応も特徴とし、撮影画像を最大30枚まで一括送信可能な「スマートフォン送信機能」などを利用できる。iOS、Androidそれぞれに専用アプリ「FUJIFILM Camera Applicaiton」(無料)を用意する。フィーチャーフォンなどに向けた高速赤外線通信のIrSimpleとIrSSにも対応。

 また、カメラ内エフェクト機能「アドバンストフィルター」を初搭載。「ポップカラー」、「トイカメラ」、「ハイキー」、「ミニチュア」、「ダイナミックトーン」、「パートカラー」の6種類を搭載した。5種類の色彩・階調を選べる「フィルムシミュレーション」も継承している。

 位置情報を利用した各種機能も搭載。スマートフォンが取得した位置情報を専用アプリ経由でカメラに送信することで、撮影画像へのジオタグ付与、カメラ内の地図データとのマッチングで周辺ランドマークを示す「ARランドマークナビ」、撮影場所までの距離や方角を示す「フォトコンパス」機能を利用できる。カメラ本体にGPS受信機は持たない。

 カメラ内合成で3D静止画を生成する「3D 2回撮り」、前のコマをオーバーレイ表示しながら2コマを重ねて写し込める多重露出モード、最大360度のパノラマ撮影が行なえる「ぐるっとパノラマ360」なども搭載した。

 発売済みのFinePix F770EXR(2012年2月)と撮像素子およびレンズ周りの主な仕様は共通。撮像素子は1/2型有効1,600万画素のEXR CMOS。センサーシフト式の手ブレ補正機構を利用できる。

 連写速度はフル画素(1,600万)で最大8コマ/秒。約800万画素では約11コマ/秒。

 動画記録は最大1,920×1,080ピクセル/30fps。顔追尾AFやシーン自動認識にも対応する。

製品名 FinePix F800EXR
撮像素子 1/2型有効1,600万画素EXR CMOS
レンズ 25-500mm相当(35mm判換算)F3.5-5.3
最短撮影距離
(レンズ前)
5cm(マクロモード広角端)
130cm(マクロモード望遠端)
手ブレ補正 CMOSシフト式
感度 ISO100-3200
ISO6400-12800(画素混合)
液晶モニター 3型46万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(約30MB)
連写速度 約8コマ/秒(フル画素)
約11コマ/秒(約800万画素)
動画記録 1,920×1,080/30fpsなど
バッテリー リチウムイオンバッテリーパックNP-50A
撮影可能枚数 約300枚
外形寸法 105.1×63.3×36mm
質量 約212g(本体)
約232g(バッテリー、メモリーカード含む)



(本誌:鈴木誠)

2012/7/25 12:27