【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

NTTドコモ、米Eye-Fiと業務提携。クラウドサービス連携を目指す

〜スマートフォンから初期設定できるEye-Fiカードも発売

 NTTドコモと米Eye-Fiは29日、Eye-Fiカードの自動ストレージサービスとNTTドコモのクラウドサービスの融合を目的とする業務提携について合意した。NTTドコモは、サービス融合推進のためEye-Fi社が呼びかけを行なった2,000万ドルの出資募集に対し1,400万ドル(約10.7億円)の出資を行なったという。

発売済みのEye-Fiカードのひとつ、Eye-Fi Mobile X2

 この提携により、Eye-Fiが提供する自動ストレージサービスと、ドコモが提供する「お便りフォトサービス」を連携。Eye-Fiカードの撮影画像を通信機能付きデジタルフォトフレーム「お便りフォトパネル」に自動転送できるようになるとしている。同サービスの開始は3月頃を見込む。

 また、これまでパソコンが必要だったEye-Fiカードの初期設定をスマートフォンのアプリから行なえる機能を搭載したというEye-Fiカードを世界に先駆け日本で発売し、ドコモの販売チャネルで取り扱うことについても2社が合意している。発売は4月頃からを目途にする。




(本誌:鈴木誠)

2012/2/29 16:53