【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

【CES/PMA】富士フイルム、レンズ交換式ミラーレス「FUJIFILM X-Pro1」を発表


 FUJIFILM North America Corporationは9日(現地時間)、APS-Cセンサーを搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」を2012 International CESのプレスカンファレンスで発表した。米国での発売は2月。価格は未定。

 FUJIFILM X100、FUJIFILM X10、FUJIFILM X-S1に続くプレミアムライン「Xシリーズ」の新製品。いわゆるミラーレス構造のレンズ交換式デジタルカメラで、FUJIFILM X100やFUJIFILM X10に近いスタイリングを採用。FUJIFILM X100の特徴だったハイブリッドファインダーの流れを汲むHybrid Multi Viewfinderを搭載。単焦点レンズだったFUJIFILM X100と異なり、複数の画角に対応する。

 Hybrid Multi Viewfinderは、装着レンズにあわせて光学系が自動で変倍する仕組み。倍率は広角時0.37倍、標準時0.6倍の2段階となる。加えてファインダー内で画角が液晶表示される。アイポイントは14mm。ファインダー内の液晶は0.47型144万ドット。

 撮像素子は有効1,630万画素のX-Trans CMOS sensor。センサーサイズは23.6×15.6mmのいわゆるAPS-Csサイズ相当。光学ローパスフィルターは省略した。カラーフィルター配列をベイヤー方式の2×2ピクセルセットから6×6ピクセルセットに変更、偽色とモアレの低減を図ったという。超音波を利用したダスト対策機構も装備。

 レンズマウントはオリジナルのX-Mount。レンズはXF 18mm F2 R(27mm相当)、XF 35mm F1.4 R(53mm相当)、XF 60mm F2.4 R Macro(90mm相当)の3本を投入する。いずれもXF FUJINONレンズというブランドネームがつく。

 シャッター速度は30〜1/4,000秒、バルブ(最長60分)。

 液晶モニターは固定式の3型。ドット数は白画素を含む123万となっている。

 フィルムシミュレーションモードには、新たに「PRO Neg Hi」と「PRO Neg Std」が加わった。

 動画は最高1,920×1,080ピクセル/24fps。HDMI mini端子を搭載している。

 外形寸法は139.5×81.8×42.5mm。重量は約450g(バッテリー、メモリーカードを含む)、約400g(バッテリー、メモリーカードを除く)。

 オプションとしてハンドグリップHG-XPro1、クリップオンストロボEF-X20、レザーケースLC-Xpro1なども発表された。

【2012年1月10日】ファインダー倍率や外形寸法など、いくつかの仕様をいくつか追記しました。
【2012年1月10日】レンズの表記を正しいものに改めました。




(本誌:折本幸治)

2012/1/10 06:59