【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ペンタックス、一眼レフ風デザインの「Optio I-10」

〜犬・猫の顔検出機能を搭載

 ペンタックスは、一眼レフ風のデザインを採用したコンパクトデジタルカメラ「Optio I-10」を2月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円台後半の見込み。本体カラーはパールホワイトとクラシックブラックを用意する。

Optio I-10(パールホワイト) Optio I-10(クラシックブラック)

 一眼レフカメラをイメージしたデザインを特徴とし、両サイドの高さを抑え、中央部が盛り上がったスタイリングを採用する新機種。表面仕上げはカラーごとに異なり、パールホワイトは光沢仕上げ、クラシックブラックにはちらし塗装をそれぞれ施す。

 ペンタックスは明言していないが、1979年にペンタックスが発売した世界最小の一眼レフカメラ「オート110」をイメージした製品と思われる。「PENTAX」ロゴのデザインは当時を彷彿させるレタリングとなっている。型名の「I-10」も「110」に通じるものがある。

 なお、一眼レフカメラのペンタ部に相当する部位には、ストロボやスピーカーなどを備える。光学ファインダー、またはEVFは装備しない。

 CCDシフト式手ブレ補正機構「SR」(Shake Reduction)を搭載し、最大約2.5段分の手ブレ補正に対応するほか、ワイヤレスでレリーズ操作できる「リモートコントロールF」も使用可能。最大1,280×720ピクセル、30fpsの動画記録にも対応するが、動画記録時は電子式の手ブレ補正となる。

 顔認識機能では最大32人までの人物を認識できるほか、ペットモードでは犬や猫の顔にも対応。撮影する犬もしくは猫の顔をあらかじめ登録しておくと、ピントや露出をペットの顔に合わせたり、正面を向いたときに自動的にシャッターが切れるといった機能を利用できる。

 さらに、撮影済みの写真をカメラ内で加工できるデジタルフィルターには、夜景や輝く水面のハイライト部分などをクロス状の光芒、ハート、星の形にする「トゥインクル」を追加した。

 また、無線LAN内蔵SDメモリーカード「Eye-Fi」と連動し、本体の電池残量によりデータ送信を抑制する設定も新たに搭載。このほか、従来機種にも装備していたグリーンボタンや、シーン認識機能「オートピクチャー」、笑顔検出機能「スマイルキャッチ」、ダイナミックレンジ拡大機能「D-Range」といった機能も引き続き備える。

 レンズは35mm判換算で28〜140mm相当の5倍ズームレンズ。絞りの開放値はF3.5〜5.9。標準時で0.4m、マクロ時で0.1m、スーパーマクロ時で0.08mまでの近接撮影に対応するほか、MFへの切り替えも可能となっている。

 撮像素子は有効1,210万画素の1/2.3型CCD。感度はISO64〜6400の範囲で設定可能。

 液晶モニターは約23万ドットの2.7型。ワイド画面となるため、静止画を表示すると画面左側は余白となるが、左上に撮影済みの写真を小さく表示しておける「ぷちフォト」機能を装備。前回と同じ構図で撮影したい場合などに役立つという。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード。電源はリチウムイオン充電池「D-LI92」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約250枚。

 本体サイズは約100.5×28×65mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約153g(電池、SDメモリーカードを含む)、約132g(電池、SDメモリーカード含まず)。

 専用アクセサリーとして、速写ケース「O-CC102」を用意した。価格は4,200円。カラーはホワイト。

パールホワイトに装着したところ クラシックブラックに装着したところ
背面
ストラップは片側だけ着脱可能となっている

(本誌:関根慎一)

2010/1/26 10:00


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.