おしゃれなパリの街並と絶景モンサンミッシェル! 撮りたくなるものが一杯のフランス撮影旅

この冬、購入したばかりのOLYMPUS OM-D E-M1を持って、フランスへ8泊10日の旅に出掛けました。

新しいカメラを持って旅に行くのはとても楽しいものですね。どんな作品が撮れるのかワクワクしちゃいます。

旅の前半はレンタカーを借りて、パリからモンサンミッシェルへ。412kmの道のりを2日間かけてノルマンディー地方を進みました。モンサンミッシェルは8世紀初めから作り始められた修道院で、訪れてみたい絶景の一つでした。

後半はアパルトマンを借りて、パリ市内の散策です。

ルーアン(1日目)

フランスでの1日目はルーアン。美術館と例えられるほど綺麗な街並で、古くから残る木骨組みの家のある広場がとても印象的でした。昔からある骨董店やオシャレなカフェにパン屋さん……どれも素敵で、夢中でシャッターを押していました。

広場に止まっていたオシャレなスクーター。ルーアンの街並を背景に撮影しました。
ワインやチーズ、ジャムなどを売っていたマルシェのおじさん。「フランスの日常」はとてもオシャレです。
今まで見たことない種類のチーズがキレイに並べて売られていました。

オンフルーフ(2日目)

ルーアンに1泊してから、次はオンフルーフを目指しました。

オンフルーフはイギリス海峡へ続くセーヌの河口にある古い港町。とても小さな街でしたが、印象派の画家たちがこの街に魅了されて、たくさんの作品が生まれた街でもあります。

この日は曇り空。人も少なく、ひっそりとした街並が迎え入れてくれました。
カフェのテラス席にあったキャンドル。うっすら暗くなってきた時間に灯り始めました。
小さな港沿いにあるカフェは映画のセットのような美しい街並でした。

まるで絵本から飛び出してきたようなかわいい建物やヨットが楽しませてくれます。かわいらしさを表現するために、アートフィルターのポップアートで撮影してみました。

次の朝、出発前に港付近を散歩。カラフルな建物はまるでオモチャの世界に迷い込んだよう。
向こう岸に真っ赤な船が一隻。ポップアートでさらに鮮やかさを増して撮影することができました。

モンサンミッシェル(3日目・4日目)

3日目はついにモンサンミッシェルです。長い道のりでしたが、遠くにモンサンミッシェルが見えたときはとても感動しました。

フランスの田舎街から、遠くに見えるモンサンミッシェルを望遠で切り取りました。

撮影ポイントを見つけるために辺りをぐるぐる車で走っていると、日没時間が迫ってきます。

モンサンミッシェルを背景に、ここまで乗ってきた車を記念に1枚。暗くなった空に赤く静かに光る姿はとても幻想的でした。

ここまで一緒に走ってくれた車を撮影してみました。背景の空がダイナミックです。
モンサンミッシェルから、5〜6km離れた地点で撮影。ぽつぽつとつき始めた明かりがとてもキレイでした。

次の日は朝4時から夜明けのモンサンミッシェルを撮影するために出掛けました。

フランスの冬は寒いと聞いていましたが、明け方はさらに寒い。撮影ポイントを見つけて、夜明けをじっと待っているのはとても辛かったのですが、夜明けから徐々に現れる姿はとても素晴らしかったです。

前日と同じ場所から撮影。望遠で切り取ることによって、建物のディテールまで写し取ることができました。

さらにアングルを変えてもう1枚。

草むらに入ってローアングルで撮影。この辺りは沼地で、靴も洋服もドロドロになりながら撮影ポイントを探りました。

良い作品を撮影するために旅をすると、体力的に辛いこともあります。が、絶景を目の前にしたときにはすべてが吹き飛んで、夢中でシャッターを押していまいます。絶景を見たときの感動を味わうと旅&カメラをやめることはできません。

パリ(5日目〜8日目)

5日目からはパリの生活の始まりです。アパルトマンに4泊しました。パリの印象はとにかくオシャレ。この4泊の間、「おしゃれーー!」って言葉を何回言ったかわからないくらいです。

カメラを構えていると、カラフルなポストの背景に男性が現われました。とてもステキなシャッターチャンスに巡り会いました。
店内にはところ狭しと、たくさんの古い本が積み重ねられていました。

すべてが歴史的建造物のように古い建物と石畳の道路、それを背景にフランスパンを持って歩く人、寒くてもテラスでコーヒーを楽しむ人、犬と散歩する人、颯爽と歩くビジネスマン、そしておしゃれな車。

石畳の上に無造作に停まっているMINIを撮影しました。パリの街並にオシャレな車が似合います。
真っ赤なシトロエンが色のない冬のパリの街並を鮮やかに。ポストカードのような一枚になりました。

本当にシャッターチャンスの嵐でした。あれも撮りたい、これも撮りたい。シャッターチャンスの多い街では予備バッテリーは必須ですね。日が沈むとキレイな街並にカフェから漏れる明かりがとてもオシャレでした。

カフェから漏れる赤い光がとてもキレイでした。パリはオシャレなカフェがいっぱいあります。

夜はルーブル美術館を撮影に出掛けました。始まりは1190年、元々は要塞として建てられ歴代の国王の宮殿だったそうです。

古めかしい雰囲気を出したくて、アートフィルター「トイカメラ」で撮影してみました。
夜のルーブル美術館はとても静かでライトアップされた建物が幻想的でした。

今では美術館となり、数万点以上のコレクションを所蔵されているようで、1日では歩けないほどの大きさ。今度来たときは、ゆっくりと鑑賞してみたいです。

最終日はパリの北側にあるモンマルトルに行きました。石畳で出来た小さな路地と古い建物はタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

この辺りは急な坂道ばかり。丘をあがると白い大きな教会が建っていました。

フランスの旅はあっという間に終わってしまいましたが、たくさんのシャッターチャンスに恵まれて、想像以上にいろんな写真を撮影することができました。

今回はほとんど曇りだったので、次は青空のフランスに来てみたいです。また今回とは違ったシャッターチャンスに恵まれることを期待しています。

(2014/3/8)
コムロミホ

文化服装学院でファッションを学び、ファッションの道へ。傍らモデルとしても活動。撮影現場でカメラに触れるうちにフォトグラファーを志すことを決意。現在、人物を中心として広告や雑誌等で撮影をする一方、カメラ専門誌等で海外、国内で街スナップを撮り歩いている。