デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

クランプラー「ミリオン・ダラー・ホーム」

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ

7ミリオン・ダラー・ホーム。ショルダーパッド内で折り畳むことで、簡単にベルトの長さを変えられる
 多彩なラインナップを擁するクランプラーだが、主軸となるのはメッセンジャーバッグとフォトバッグの2ラインだろう。フォトバッグのうち広く知られているのが「ミリオン・ダラー・ホーム」。日帰りの行楽やお散歩にちょうど良いサイズのカメラバッグは数あれど、このクラスにおいて、独自のデザインセンスと造りの良さには定評がある。

 今回試用したのはミリオン・ダラー・ホームの2009年モデル。サイズが大きめの「7ミリオン・ダラー・ホーム」、「6ミリオン・ダラー・ホーム」、「5ミリオン・ダラー・ホーム」が先行して2008年12月から販売が始まり、続いて小型のミリオン・ダラー・ホーム4、ミリオン・ダラー・ホーム3、ミリオン・ダラー・ホーム2、ミリオン・ダラー・ホーム1が登場。堂々7製品のラインナップとなる。

 今回はボディ1台、レンズ2本、クリップオンストロボ1台程度の収納力を持つ、ミリオン・ダラー・ホーム6を中心に使ってみた。70-200mm F2.8クラスのレンズが縦にすっぽり入るなど、カメラ機材の収納を考慮した設計がうれしい。仕切りの固さもちょうど良く感じた。


7ミリオン・ダラー・ホーム 6ミリオン・ダラー・ホーム

5ミリオン・ダラー・ホーム

7ミリオン・ダラー・ホームの収納部 機材の収納例

6ミリオン・ダラー・ホーム 5ミリオン・ダラー・ホーム

しっかりした印象の持ち手を装備 上位2モデルにはショルダーパッドが付属

フラップ内側のメッシュポケットも便利だ バックルは左右斜め下の2カ所。デザイン的なアクセントにもなっている


 目にしてまず気がつくのが、従来シリーズからの外見の変化。丸みを帯びた従来シリーズに対し、新型はシャープな逆台形のシルエットになっている。また、中央1点留めだったフラップ固定用のバックルが、左右斜め下の2カ所になった。カメラバッグとしては珍しいデザインといえる。

 面白いのは、バックルと併用してフラップを固定するためにある2カ所のベルクロ。ベルクロの存在自体は珍しくないが、ベルクロ部分を覆う消音パッチがユニークだ。消ベルクロの利用を一時的に中断するためのもので、フラップの開閉がスピーディになると同時に、「バリッ」というベルクロをはがすときの音をなくせる。収納部へのアクセスもスピードアップするので、撮影現場で頻繁に機材の出し入れをするときにはおすすめだ。もちろん移動時にはバックル+ベルクロで、機材のこぼれ落ちをしっかりガードしたい。


ベルクロ部分 消音パッチを引き出したところ

消音パッチを装着。ベルクロの固定力をなくして、フラップの開け閉めを素早くできる。ベルクロを剥がすときの耳障りな音も解消

 7ミリオン・ダラー・ホームと6ミリオン・ダラー・ホームには、ショルダーパッドが付属する。不要時に外したり、ショルダーベルトを畳んで短く調整するなどの使い道が考えられる。

 銀一でのWeb販売価格は、7ミリオン・ダラー・ホームが1万9,425円、6ミリオン・ダラー・ホームが1万5,225円、5ミリオン・ダラー・ホームが1万2,075円。このクラスにしては少々高価だが、クランプラーらしい全体的な造りの良さを考えると仕方がないところか。独特な色使いもファンの心をとらえて離さない魅力といえる。日帰り撮影旅行にちょうど良い、定番モデルのリニューアルだ。



URL
  銀一
  http://www.ginichi.com/
  製品情報(7ミリオン・ダラー・ホーム)
  http://www.ginichi.com/product_info.php?products_id=4891
  製品情報(6ミリオン・ダラー・ホーム)
  http://www.ginichi.com/product_info.php?products_id=4890
  製品情報(5ミリオン・ダラー・ホーム)
  http://www.ginichi.com/product_info.php?products_id=4889

関連記事
クランプラー、「ミリオン・ダラー・ホーム」の小型版(2009/01/20)
クランプラー、「ミリオン・ダラー・ホーム」をリニューアル(2008/12/10)


( 本誌:折本幸治 )
2009/01/29 17:30
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.