デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

ロープロ「クラシファイド250AW」

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ

 ロープロの「クラシファイド」シリーズは、2008年秋に追加された新シリーズ。ブリーフケース風のデザインを採用するショルダーバッグで、ビジネスユースを意識してか、ロゴを刻印にしたり、各所にレザー素材を用いるなどの試みが特徴的だ。

 ラインナップは、クラシファイド250AW(4万2,000円)、同200AW(3万8,430円)、同160AW(3万870円)、同140AW(2万6,145円)の4サイズ。今回のレビューでは最大サイズとなる250AWを使用した。

 コンセプトとしてはフォトジャーナリスト向けを謳う。同じロープロブランドで類似したコンセプトのショルダーバッグといえば「ステルスリポーター」シリーズが挙げられる。サイズの相違点として、クラシファイドはステルスリポーターよりも幅を大きく取っており、ステルスリポーターD650AWの435mmに対し、クラシファイド250AWは465mm。これはノートPC収納部を14.1型から15.4型対応にしたためだろう。

 そのほかの相違点としては、メイン収納部へのアクセスが天辺のジッパーからのみ可能となり、各収納部の役割をはっきりさせた感が強い。加えて、フラップの留め具が正面から見た時に隠れるようになっていて、デザイン的にもステルスリポーターより洗練された印象を受ける。

 メモリーカード入れも付属するが、ステルスリポーターのようにCF12枚が収納できる大型のものではなく、CF6枚ほどが収納可能なタイプだ。


正面 側面

背面にカート取り付け用のトロリースリーブを備える。オレンジ色のタグ部分からはオールウェザーカバーを引き出せる ハンドル部など要所にレザー素材を用いる

刻印のロゴ メモリカード入れにはジッパーを備える

 収納部は、メイン収納部と前面・後部のポケットのみ。前面フラップの内側からメイン収納部へのアクセスはなく、よくあるフラップ裏のメッシュポケットやサイドポケットもない。割り切った構造だが、収納物を素早く取り出せるショルダーバッグの利点を活かせる構造になっていると感じた。また、デザインとして無駄がなく、シンプルにまとまったようにも思う。

 メイン収納部はさすがに最大サイズだけあって高い収容力を持つ。40mmの標準レンズを装着したK-m、55-300mmの望遠ズームレンズ、16-45mmの広角ズームレンズ、50mmのマクロレンズ、35mmの標準レンズ、クリップオンストロボに加え、E-520と14-42mmの標準ズームレンズ、15.4型ノートPCを収納してもまだ余裕があり、標準レンズならば2段でも十分収納できる深さもある。旅行などの際、機材の隙間に着替えでも詰め込んでおけば、単独でかなりの荷物が収まるだろう。


収納例 15.4型ノートPCがぴったり入る

仕切り板の本革トリム マイクロファイバー製の液晶モニター保護カバー

 前面ポケットは3つあり、こまごまとしたものを適当に突っ込んでおけるキャパシティもあるが、アクセスするには2つあるフラップの留め具を外す必要がある。最大サイズのクラシファイド250AWを使用していることもあってか留め具までが遠く、歩きながらアクセスしようとすると手間なので、前面ポケットには頻繁に取り出す必要のないものを入れておくといいだろう。

 背面ポケットは幅広のものを1つ備え、フラップもないので、すぐに取り出せるものを入れておくのに適する。

 バッグを風雨から保護するオールウェザーカバーも装備するが、表面素材の840D×150Dナイロンポリウレタンは撥水性が高く、ジッパーさえきっちり閉めておけば、小降りの雨程度ならば内部への浸水はほぼないといっていい。

 ストラップのパッドにはカメラストラップの滑落を防ぐレザー製のタブを備えるが、経験上、バッグを持ちつつカメラを使用できる状態にするときは動き回るケースが多いので、カメラの重量をすべてタブに任せるには少々心許ないというのが正直なところ。ただ作りはかなりしっかりしているので、自分でカメラをホールドしつつ、タブにストラップをひっかけておく分には全く問題ないと思う。


前面ポケット オールウェザーカバーを使用したところ

パッドのストラップ滑落防止レザータブ

 本製品のようにたくさんの機材をひとつに収納できるサイズはやはり便利で、「これひとつあれば大体OK」的な収納力は期待通りだった。使い勝手についても、各収納部ごとの「住み分け」が明確であることの機能性と、少しの雨降りなら収納物に影響がないというタフさが気に入った。



URL
  ハクバ
  http://www.hakubaphoto.co.jp/
  ロープロ
  http://www.hakubaphoto.co.jp/lowepro/

関連記事
ロープロ、ブリーフケーススタイルのショルダーバッグ(2008/10/24)


( 本誌:関根慎一 )
2009/01/16 00:49
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.