デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

ハクバ「デジカメスタジオボックス 30」

お座敷スタジオ? 小物撮影に便利な角型スタジオボックス

 ハクバのデジカメスタンドとセットで紹介されているのがこの「デジカメスタジオボックス」。サイズが何種類かある中で最小のものが「30」(9,240円)である。数字は立体にしたときの一辺の長さで、他に「45」(13,440円)、「60」(17,640円)、「70」(22,890)と全部で4種類のサイズがある。

 ドーム型などさまざまなスタジオボックスが売られている中で、主流のスタイルは箱型。ちょうど今回のデジカメスタジオボックスのスタイルだ。

 やはり被写体を置きやすいということと、被写体のセッティング時に手を入れやすい、ということからだろう。箱型のボックススタジオは、たたんだときに四角く収納されるものがあるが、バッグなどに入れて持ち運ぶにはやや不便。

 ところが、ハクバのデジカメスタジオボックスは、たたんでケースにいれると円筒状に収納できる。まるで一脚か、小型三脚をケースに入れた状態みたいだ。これなら大きめのカメラバッグに入るのではないだろうか。持ち運びの便利さを考えた設計のようだ。

 今回のデジカメスタジオボックス 30は、1辺が30cmということで、家の和室で使っている机で小物撮影ができそうだ。そこで、コンパクトデジタルカメラを使っての小物撮影を行なってみた。

 ケースの中には、反物のようなバックスクリーンが2枚と、三角形の白い布に棒状の骨がついたものが入っている。バックスクリーンは“ライトブルー・ブラック”と“白・グレー”のリバーシブル。本体は三角形に畳まれた状態からそのまま拡げていくと、不思議なことに立体になった。この畳み方を考えた人はよほど頭の体操をしたのではないだろうか?


ケースから中身を出したところ。真ん中と左側の反物の様なものがバック用の布。右が本体。手前に二つあるのが補強具である 本体を拡げるとそのまま立体になる。骨をはめ込んだり、という手間はない

開口部の角2カ所に補強具をはめ込む
バックのシートを背面にベルクロで取り付ける

デジカメ撮影スタンドとデジカメスタジオボックスを和室のテーブル上に置いた

 一眼レフカメラでの撮影にこだわらなければ、コンパクトデジタルカメラとデジカメ撮影スタンド、デジカメスタジオボックスの3点で、普段の部屋が小物撮影スタジオになる。

 昼間であれば、窓から入ってくる光で十分ライティングされる。コンパクトデジタルカメラオリンパス「μ mini DIGITAL」でティーカップを撮影してみた。撮影はノンストロボ、プログラムAEで、セルフタイマーを使ってシャッターを切った。近距離の撮影のためマクロモードを使用した。


1/5秒 F4.9 ISO64
白バックで撮影。ちょっとバックがグレーがかった。正確に撮るには露出補正が必要なようだ
1/3秒 F4.9 ISO64
グレーバックで撮影。露出補正無しで、カップの白さがよい感じで撮影できた

1/3秒 F4.9 ISO64
ライトブルーのバックで撮影。AWBのためバックがグレーに、ティーカップが黄色みがかって再現された
1/3秒 F4.9 ISO64
ライトブルーのバックで撮影。ホワイトバランスを“晴天”にすることで、色合いを正しく表現した

1/2秒 F4.9 ISO64
黒バックで撮影。ティーカップがややオーバー目に撮影された

 バックは4色自在に選べるのはメリットだが、コンパクトデジタルカメラでの撮影でも、被写体を正しい色合いに再現するには、ホワイトバランスや露出補正の知識があった方がベターと感じた。それにしても小物撮影がここまで気軽に撮影できるとは、大変便利な撮影用品だ。



URL
  ハクバ
  http://www.hakubaphoto.co.jp/
  製品情報
  http://www.hakubaphoto.co.jp/hakuba/product/02accessory/303223.html


( 木村 英夫 )
2006/08/17 00:00
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.