デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

近代インターナショナル NF-EOSアダプター

ニコンのレンズがEOSでも使える!

価格:21,000円


 私は父の代からのニコンユーザーなのだが、9月28日に発売された「EOS 5D」には大きく心動かされている。何せ35mmフルサイズのデジタル一眼が40万円以下なのだから……。

 ところが、デジタル一眼の導入にも、今まで使ってきたレンズ資産があるため、ニコンユーザーがキヤノンに乗り換えるのはそう楽ではない。使用頻度の高いレンズはともかく、使用頻度が低いものや、ニコンマウントでしか売られていないようなレンズもある。

 そこで考えたのが「マウントアダプター」。使用条件にさまざまな制約があるものの、手持ちのニコン用レンズがEOS DIGITALで使えるのは大変魅力。EOS 5Dの購入資金が貯まるのはまだ先だが、とりあえず、マウントアダプターを先に入手し、EOS 20Dで使ってみた。


近代インターナショナルの「NF-EOSアダプター」をカメラボディー取り付け側から見た様子。マウント面右下に見えるのが「レンズ取り外しボタン」だ
 マウントアダプターを売っているメーカーはいくつもあるが、メジャーなのは近代インターナショナルとハンザである。今回購入したのは近代インターナショナルのもの。フランジバックがEOSよりも長いため、ニコンのレンズをEOSにつけても、無限遠からピントが合う。手持ちのニコンマウントのレンズのうち、フォクトレンダー90mm F3.5をEOS 20Dに付けてみた。


取扱説明書によると、取り付け時はマウントアダプターを先にレンズにつけても、先にボディー側につけても、どちらでもOKとのこと。マウントアダプターのダイヤのマークのところにレンズの指標を合わせて取り付ける EOSボディーにレンズを装着するときは、先ほどのダイヤのマークをボディーの赤指標(EFマウントの取り付け指標)に合わせて取り付ける マウントアダプターを取り付けたレンズを取り外すには、まず、ボディーからレンズを外し、それからマウントアダプターを外す。レンズのマウント面にある小さなレバーでマウントアダプターとレンズの固定を解除する

EOS 20Dで撮影。レンズはフォクトレンダー90mm F3.5。絞り優先AEで撮影。1/640秒、F8、ホワイトバランスは太陽光、ISO感度は100
 この近代インターナショナル「NF-EOSアダプター」は、フランジバックに合わせて薄い設計ながら、精密に作られており、レンズとカメラを取り付けた状態でもガタつきはない。アダプターからレンズを外すレバーの操作がやや堅めだが、しっかり固定するためには仕方がないように思える。

 D70sなどニコンの中級デジタル一眼で、CPUを内蔵していないニコンマウントレンズを使うと、露出計すら働かず、大まかに決めた露出でまず撮影し、液晶モニターで撮影画像を確認、ヒストグラムを見て露出を再決定、と撮影に手間取る。EOS 20Dにマウントアダプターを介して、ニコンの旧レンズを取り付けると、露出計がきちんと働き、絞り優先オートでも撮影が可能。これは大変便利だ。

 ただ、レンズの「自動絞り」が働かない「実絞り」での撮影となるため、絞り込むと、ファインダーが暗くなってくる。夕暮れ時など、暗い場面での撮影なら、先に構図・ピントを合わせてから、絞りを設定するクセをつけなければならない。

 実際にEOS 20DでCPUの内蔵されていないニコン用レンズを使ってみると、結構快適に撮影できた。あとは「EOS 5D貯金」が貯まるのを待つばかりなのだが……。



URL
  近代インターナショナル
  http://www.kindai-inc.co.jp/
  製品情報
  http://www.kindai-inc.co.jp/mount_nikeos.htm


( 木村 英夫 )
2005/10/18 00:04
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.