デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

イルフォード「ギャラリー」インクジェット用紙

〜銀塩感材の老舗が作る写真用インクジェット用紙

左がA4、右がL判。スムースグロスは緑、スムースパールは赤のパッケージになっている
 英Ilford(イルフォード)といえばモノクロ写真の老舗感材メーカー。イルフォードのフィルムや印画紙にお世話になった/なっているという写真好きは多いだろうし、カメラ好きにとっては「アドボケイト」や「K1モノバー」といった個性的なカメラを発売していたメーカーとして知られている。

 そのイルフォードの屋台骨はいまや、インクジェットプリントをはじめとするデジタルイメージング関連用品に移っている。となれば、同社の銀塩用品にお世話になった身としては興味を抱かずにはいられない。

 日本では、ジェットグラフ株式会社がイルフォードのインクジェットプリンタ用紙「ギャラリー」シリーズを取り扱っている。ラインナップされているのは光沢仕上げの「スムースグロス」と、絹目調の「スムースパール」で、どちらにもA4判とL判が用意されている。大手カメラ量販店での価格は、スムースグロスもスムースパールも、A4判が25枚入りで1,575円、L版が50枚入りで625円だった。

 特筆すべきはエプソンのPX-G5000、PM-4000PX、PX-G920、PX-7000/9000、キャノンのiP7100といった、作品作りによく使われるプリンタ用のICCプロファイルが、ジェットグラフのサイトに用意されていること。英国のIlfordのサイトにはより多くのプリンタのプロファイルが用意されているが、日本で公開されているものは日本向けにチューニングされているそうだ。もちろんプロファイルがない機種でも染料インク、顔料インクを問わず使用でき、HPのプリンタでの使用も差tポートされている。

 また、純正用紙では光沢紙がサポートされていないPM-4000PXでも、スムースグロスが利用できるのもうれしいところだ。


印画紙の箱を思わせるパッケージデザイン。L判も箱に入っている L判のスムースパール(右)とスムースグロスに出力

イルフォードといえばモノクロ、ということでグレースケール画像をA4のスムースパールに出力してみた。下はエプソン純正の写真用紙(絹目調)に同じ画像を出力したもの 下が純正絹目調、上がイルフォード。心なしか、イルフォードのほうが黒が締まって見える

 英国ではより多く種類の用紙が販売されているが、日本への導入はまだだ。「クラシックパール」、「スムースファインアート」などの用紙がどのような質感なのか、大いに想像を掻き立てられるというものだ。また、現在のところは販路も限られている。

 モノクロ写真の長い歴史で培われた品質が、デジタル時代にも受け入れられることを願ってやまない。



URL
  ジェットグラフ
  http://www.jetgraph.jp/
  イルフォード「ギャラリー」シリーズ
  http://www.jetgraph.jp/galerie_site/Gaindex.html


( 田中 真一郎 )
2005/01/31 00:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.