デジカメ Watch
連載バックナンバー
立体チャートで正しい色再現を
[2009/05/21]

ワイルドに変身した定番カメラバッグ
[2009/05/12]

〜シャープ製パネルのデジタルフォトフレーム
[2009/05/08]

〜進化した定番デジカメ向けGPSキット
[2009/04/17]

〜新シリーズ「ウォークアバウト」のトートバッグ
[2009/04/14]

〜驚異の伸縮率を持つミニ三脚、再び
[2009/04/07]

〜ユニークな形状のストロボディフューザー
[2009/04/01]

〜大画面テレビへの写真表示ができる“フォトプレイヤー”
[2009/03/16]

〜広ダイナミックレンジ写真を簡単作成
[2009/03/12]

〜UDMAや30MB/秒転送に対応したスタイリッシュモデル
[2009/03/04]

〜中国ブランドのカーボン三脚を試す
[2009/03/02]

〜固定式液晶モニターをバリアングルに
[2009/02/05]

〜FlickrやPicasa対応のデジタルフォトフレーム
[2009/01/30]

〜シャープなデザインになったカジュアル系定番バッグ
[2009/01/29]

〜“らしさ”がたまらない老舗ブランドのニューフェイス
[2009/01/23]

〜大容量ショルダーバッグの新シリーズ
[2009/01/16]

〜無線LAN搭載のSDメモリーカード
[2009/01/15]

〜デジタルカメラで赤外線撮影を実現
[2009/01/07]

〜多彩なコントロールでフィルムの質感を再現
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

エツミ「f.64 SCT」

〜通勤に使えるシックなカメラバッグ

価格:\12,390

 筆者はものぐさなうえに粗相が多いので、複数のバッグを同時に運用するなんて器用なことができない。ひとつのバッグで通勤、取材、出張、私的な外出まで、すべてをこなしたい。デジカメWatchの記者をやっている以上、デジタル一眼のボディ1台にレンズ2本くらいと、ノートPCを同時に運べる容量がほしい。四六時中、荒っぽく使うのだから、頑丈であってほしい。

 肩から下げる正統派のカメラバッグや、リュックサックタイプのカメラバッグには、容量も頑丈さも筆者のわがままに答ええられそうな製品がいっぱいあるが、通勤電車の中で周囲の邪魔になりそうな形状が難点だ。

 ショルダータイプやリュックタイプよりもうすいトートバッグタイプなら、満員電車の中でも邪魔にならなそうだが、カメラ用トートはなぜかあまり見かけない。アウトドア用トートにカメラ用のクッションを入れるテもあるが、どうもしっくりこないし、耐久性も不安だ。

 そんな筆者がもう1年以上愛用しているのが、f.64ブランドのトートタイプのカメラバッグ「SCT」だ。日本では株式会社エツミが販売している。

 材質はバリスティック・ナイロン、内寸は155×350×330mm、重量は1.1kg。専用に作られたクッションケースと中仕切りが付属する。特にノートPC用として作られたスペースはないが、筆者がクッションケースとバッグの隙間につっこんだり、外側の大きなポケットに入れたりしている。


こうしてみると大きいが、薄いので周囲の邪魔にならない 内部の保護クッションを取り外したところ。この中に入れる仕切りも付属するが、筆者は全部はずしちゃいました 生地と同じ色の糸で刺繍されたブランド名。この奥ゆかしさがイイ

 このバッグの美点はまず頑丈なこと。毎日通勤に使っているが、ほつれやスレもみあたらない。バッグ本体の生地がやれた印象はあるが、穴など開きそうにない。次に、ハンドルがよくできている。肩からかけるためにやや長く、太めに作ってあり、長さを調節できる。何の変哲も無いバリスティックナイロンの帯だが、意外に疲労が少なく、手に持つのも楽だ。

 見かけによらず大容量でもある。筆者は中仕切りを全部とって使っているが、この中にデジタル一眼のボディを2台、ズームレンズを2本、単焦点レンズを1本、ノートPCを2台、そのほかガラクタを入れて、海外出張時の機内持ち込みバッグに使ったこともある。

 最後に、黒一色のシックな外観でカメラバッグに見えないのがいい。f.64のブランド名が生地と似た色の糸で刺繍されていて目立たないという“奥ゆかしさ”も魅力だ。通勤に使っても恥ずかしくないカメラバッグといえる。

 なお、ひとまわり小さい「SLT」というモデルがあり、こちらには黒のほかにグレーも用意されている。



URL
  エツミ
  http://www.etsumi.co.jp/
  製品情報
  http://www.etsumi.co.jp/item.asp?pid=i&i=0084127640028


( 田中 真一郎 )
2004/12/14 00:57
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.