【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
 
1月号【渕脇レイナ + ソニーα55】1週目
〜コンパクトなボディに機能満載!


 あけましておめでとうございます! 今年も宜しくお願いします。新年1月号は、ソニーα55と、渕脇レイナちゃんの登場だ。年末年始を挟むため、撮影日はいつもより少し早めの12月前半。屋上では眩しくて眼が開かないほど晴れ男爆進中(笑)。

 ソニーα55の主な仕様は、有効画素数約1,620万画素、APS-Cサイズ(23.5×15.6mm)のCMOSセンサー搭載、感度はISO100〜12800(拡張設定で最大ISO25600まで増感可能)、記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ。カメラ背面に対して手前に約180度、水平方向に約270度それぞれ回転できる92.1万ドットの3型液晶モニターなどを備える。

 今回使用したレンズは、「28-75mm F2.8 SAM」(SAL2875)と「50mm F1.4」(SAL50F14)の2本。前者は全域でF2.8の明るいズームレンズ、後者は35mm判換算で75mm相当の単焦点レンズだ。撮像素子がAPS-Cサイズなので、どちらもこの手の撮影にはちょうどいい。

 写真は全てRAW+JPEGで撮影し、「Image Data Converter SR Ver.3」で現像。掲載サイズに合わせてダイレクトにリサイズしているが、現像ソフト上で回転し保存しても、ブラウザで見ると横位置のままになっているため、 Photoshopを使って回転のみ行なっている。カメラ及び現像ソフトの設定は全て標準。クリエイティブスタイルは「スタンダード」。現像時に露出、色温度の微調整、コントラストのみを触って、シャープネスや他のパラメータは基本的に触っていない。ただし、D-レンジオプティマイザーに関しては、カットによって「オフ」か「オート」にしている。

 1週目、上ブロックはすべてISO100、絞りはF3.2、シャッタースピードは1/160秒。下ブロックは左上のみISO100、絞りはF5、シャッタースピードは1/200秒、レンズはどちらも50mm F1.4を用いた。そのほかはISO200、絞りはF3.2またはF5、シャッタースピードは1/200秒、レンズは28-75mm F2.8 SAMを使っている。

 このスタジオは冬場、朝から昼前まで、晴天でも周囲のビルで影になり、まったく光が入らないため、上ブロック・下ブロックとも、光が入りだした時間帯に撮っている。上ブロックが11時頃、下ブロックは13時頃だ。分かっていたが、ここのところもう片方のスタジオが続いたのと、撮影日はすでにキープが入っていたため、こちらのスタジオとなった。

 レイナちゃんは、去年スーパー耐久レースで2度レースクイーンの衣装を撮っているものの、私服と水着は今回初めて。去年5月号の木村亜梨沙ちゃんと同じ、スーパー耐久レースイメージガール スーパーガールズ2010「JUICY」のメンバーの1人だ。「お久しぶり!」と気楽な挨拶で撮影開始となった。(続く)

actress 渕脇レイナ@スタイルコーポレーション
photographer 西川和久
α55
28-75mm F2.8 SAM
50mm F1.4



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2011/1/7/ 00:00