【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

【記録メディア転送速度テスト】シリコンパワー「SP016GBCFC600V10」(CF 600x)

  • 記録メディアの転送速度を編集部で簡易に計測して掲載するコーナーです。
  • 掲載した結果はテストした個体によるもので、市場におけるすべての製品の性能を保証するものではありません。
  • 記事中の価格や仕様は執筆時のものです。価格は市況により変動する可能性があります。
SP016GBCFC600V10 16GB

 シリコンパワーが3月に発売した600倍速シリーズは、UDMA mode6に対応した同社製CFのフラッグシップモデル。「Turbo MLC」なるNANDコントローラー高速化技術を使用しているという。公称速度は、読み出しが90MB/秒。書き込みに関しては明記していない。

 同社製SDHCメモリーカード同様、このクラスにしては比較的リーズナブルな価格となっている。

 今回比較するサンディスクExtreme Pro(16GB)およびレキサーProfessional UDMA(16GB)の実勢価格はともに2万9,800円前後。対してSP016GBCFC600V10 16GBは、1万9,800円前後で推移している。

 それぞれスペック的に大きな差はないが、価格は1万円程度違うことになる。また、書き込み速度を明らかにしていないことから、実測値にも注目したい。

 なお、今回よりUDMA mode6対応のExpressCard型CFアダプターによる速度計測結果も掲載する。


ニコン「D700」による書き込みテスト

  • カメラ内のバッファをすべて開放した状態で、RAWデータ(ファイルサイズ約8MB)とJPEGデータ(ファイルサイズ約300KB)の同時記録で連写し、レリーズ回数を調べた。途中でバッファがフルになってもシャッターボタンを押し続けている。また、パワーバッテリーグリップなどのオプションは使用していない。
  • Exifに記録された撮影時間をもとに、撮影開始から30秒間のレリーズ回数をチェックしている。
  • Exifには0秒以下の記録がないため、1秒間の誤差を考えて5回計測し、その平均枚数を小数点第1位まで掲載している。
  • フォーカスはマニュアル。レンズは装着せず、ボディキャップを装着した。
  • 露出はマニュアルモードで、シャッタースピードは1/2,000秒に固定。

各カードのレリーズ回数(RAW+JPEG)
製品名 容量 発売元 区分 レリーズ回数
SP016GBCFC600V10
(CF600x 16GB)
16GB シリコンパワー CF 67.6
Extreme Pro
(SDCFXP-032G-J91)
32GB サンディスク CF 67.0
TS16GCF600 16GB トランセンド CF 66.4
Professional UDMA 600x Speed 16GB
(LCF16GCRBJP600)
16GB レキサー CF 66.2
Extreme
(SDCFX-032G-J61)
32GB サンディスク CF 56.0
Professional UDMA 300x Speed 8GB
(CF8GB-300-810)
8GB レキサー CF 55.8
Ultra
(SDCFHG-016G-J95)
16GB サンディスク CF 51.4


USBカードリーダーでのテスト

  • 「CrystalDiskMark Ver.2.2.0」の連続書き込みと連続読み出し(Sequential)で5回ずつ計測し、各転送量(KB/秒)の平均を記載した。
  • テスト環境は、Windows XP Professional SP3、Core 2 Quad@2.66GHz、メモリ4GB、SATA500GBのデスクトップPC。
  • USBカードリーダーはバッファローの「BSCRA38U2」。Turbo USBはON。
各カードの転送速度(KB/秒)
製品名 容量 発売元 区分 Write Read
SP016GBCFC600V10
(CF600x 16GB)
16GB シリコンパワー CF 33,970 41,644
TS16GCF600 16GB トランセンド CF 33,532 41,382
Professional UDMA 600x Speed 16GB
(LCF16GCRBJP600)
16GB レキサー CF 32,600 40,742
Professional UDMA 300x Speed 8GB
(CF8GB-300-810)
8GB レキサー CF 30,770 38,334
Extreme Pro
(SDCFXP-032G-J91)
32GB サンディスク CF 26,426 36,114
Extreme
(SDCFX-032G-J61)
32GB サンディスク CF 20,638 35,660
Ultra
(SDCFHG-016G-J95)
16GB サンディスク CF 19,040 36,374


ExpressCard型CFアダプターでのテスト

  • 使用ソフトおよび計測方法はUSBカードリーダーと同様。
  • テスト環境は、Windows 7 Professional、Core i5 M540@2.53GHz、メモリ2GB、SATA200GBのノートPC。
  • ExpressCard型CFアダプターはサンディスク「エクストリーム・プロExpressCardアダプター」。
各カードの転送速度(KB/秒)
製品名 容量 発売元 区分 Write Read
Extreme Pro
(SDCFXP-032G-J91)
32GB サンディスク CF 78,942 98,323
TS16GCF600 16GB トランセンド CF 73,823 78,635
Professional UDMA 600x Speed 16GB
(LCF16GCRBJP600)
16GB レキサー CF 72,392 89,935
SP016GBCFC600V10
(CF600x 16GB)
16GB シリコンパワー CF 72,166 91,291
Professional UDMA 300x Speed 8GB
(CF8GB-300-810)
8GB レキサー CF 43,618 43,099
Extreme
(SDCFX-032G-J61)
32GB サンディスク CF 32,533 59,871
Ultra
(SDCFHG-016G-J95)
16GB サンディスク CF 19,147 45,463


まとめ

 デジタル一眼レフカメラとUSBカードリーダーでのテストでは、Extreme Proを抑えて最も高速な数値を記録した。また、ExpressCard型CFアダプターによる計測結果では、同クラスのモデルとほぼ横並びの結果となった。

 当コーナーのテスト方法で計測結果が公称速度に届くことはまれだが、ExpressCard型CFアダプターの速度を見る限り、SP016GBCFC600V10に関してはきっちりとクリアしてきている。

 これに実売1万9,800円前後という価格を加味すると、かなり優秀な結果といえる。特に高速書き込みがアピールポイントではないようだが、他社製品の数値を見ると、書き出し速度もこのクラスとしては標準的なレベルのようだ。

 比較的気軽に手を出せる価格だが、高速連写にも耐えうる性能を持っている製品だ。RAW撮り派のユーザーには魅力的な選択肢になりうるだろう。






本誌:関根慎一

2010/6/15 00:00