【 2014/10/21 】
【 2014/10/20 】
【 2014/10/17 】
【 2014/10/16 】
【 2014/10/15 】

写真で見るFUJIFILM XF1

Reported by 本誌:武石修

 富士フイルムが11月3日に発売するコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF1」をお借りしたので、まずは外観写真を中心にお伝えする。実写レポートは改めて掲載したい。

FUJIFILM XF1。店頭予想価格は5万5,000円前後の見込み。写真のブラック以外にレッドとブラウンを用意する

 XF1は、有効1,200万画素の2/3型EXR CMOSセンサーを搭載するモデル。同じスペックの撮像素子を搭載する従来機「FUJIFILM X10」(併売)から光学ファインダーを省いたほか、新たにレンズ収納時に沈胴させることが可能になりボディの小型化を実現した。またデザイン面でもXシリーズとして初めて3色をラインナップするなど新しい試みが見られる。

外観など

レンズは25-100mm相当(35mm判換算)F1.8-4.9の4倍ズーム ズームはマニュアル式。ローレットの感触がよく回しやすい

 XF1のレンズ鏡胴は3つのモードに変化するのが特徴。レンズが沈胴した「ポータブルスタイル」で携行できるほか、レンズを引き出すと電源ONの手前の「スタンバイモード」になる。ここからさらに鏡胴を回すと電源が入る仕組み。X10は、電源のON/OFFでレンズが沈胴したが、XF1のようにポータブルスタイルにすることはできなかった。

沈胴した「ポータブルスタイル」モード すぐに撮影状態にできる「スタンバイ」モード
電源がONになった「シューティングスタイル」(広角端時) 同望遠端時
革部分は落ち着いた風合い 背面上部にメインコマンドダイヤル(中央)も装備。リング状のサブコマンドダイヤルと併せて、絞り値やシャッター速度などの変更ができる
ポップアップストロボ(手動式)も備える

 新機能として「拡張ファンクション(E-Fn)ボタン」を装備した。背面右下のE-Fnボタンを押すと、液晶モニターに背面ボタンと同じレイアウトの画面が表示される。これに対応するハードキーを押すことで、別の機能を利用できる。割り当ては変更可能。

E-Fnボタンを新搭載した
E-Fnボタンを押したところ 拡張ファンクションボタンを利用してISO感度を変更しているところ
E-Fnボタンの割り当ては変更可能
割り当てられる機能(1/2) 同(2/2)
シャッターダイヤル周り。従来からのファンクションボタンも利用できる
ファンクションボタンも機能割り当ては変更可能(1/2)
バッテリー及び記録メディアスロット 充電器とバッテリー
同社デジタルカメラの特徴であるフィルムシミュレーション機能も継承している

iPhone 4S(右)との比較






武石 修

2012/10/18/ 00:00