【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ユーエヌ「プロフェッショナルブラケットDシステム」(UNX-8111)

機能が光るストロボブラケットの新星

 クリップオンストロボとカメラボディを装着する際、ポートレート撮影などでよく使われるのが「ブラケット」と呼ばれる撮影用品だ。ストロボの発光位置をレンズ上側に配置するのが主な目的で、一般的には報道カメラマン御用達のアイテムとして知られる。

 今回紹介するのは、ユーエヌが5月25日に発売した「プロフェッショナルブラケットDシステム」(UNX-8111)。カメラバー、ストロボバー、サブバーの3本のバーからなる構成で、素材はアルミだ。ブラケットそのものの重量は約360g。一体型のブラケットより分離型のブラケットは高価だが、分離するとカメラバッグ内での収まりが良い。さらに、ニッシンジャパン製のシューコード(シンクロコード)40cmが付属する。

UNX-8111の使用例。D700とSB-900を装着している。発光部の高さをなるべくレンズの高さに合わせてみた 撮影者側から見たところ。内蔵ストロボのコマンダー機能を使えば、シンクロコードを省くという選択肢もある

 最大の特徴は、ストロボ配置における自由度の高さだ。カメラバー、ストロボバー、サブバーの3つの固定位置や角度を変えることによって、ボディとストロボの位置関係を何通りも試行錯誤できる仕組み。カメラバーとサブバーはネジおよびピンで接合するが、カメラバー側には取付けネジ穴が4段あり、1段につき2通りの角度でピン穴が空いている。さらにサブバーにも3通りの角度でピン穴が空いているなど、この手の製品としては至れり尽くせりのデザインとなっている。

 一般的にクリップオンストロボは、レンズの垂直上に位置するのがベストとされる。横方向への影が生じにくいためだ。とはいえ、ブラケット、カメラボディ、クリップオンストロボの大きさはまちまちなので、ブラケットを使用しても、必ずしもきれいな配置になるとは限らない。仕方なく「発光部がレンズの斜め上」というユーザーもいることだろう(それでもボディのホットシューに取り付けるよりははるかにマシ)。本製品のように自由度が高いと、よりベストなセッティングに近づけることができるはずだ。

UNX-8111の主要パーツ。カメラバー(上段)、サブバー(下段左)、ストロボバー(下段右) 3つのバーを組み合わせたところ。剛性感は高い
カメラバー側の接合部。大きな穴がネジ用、小さな穴がピン用 サブバー側にもピン用の穴が複数存在する

・カメラバーとサブバーの取付け位置による違い
※このほかにもサブバーでの角度調整が可能

・ストロボ位置による影の出方の違い

※使用機材はD700、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED、SB-900など。

ストロボをカメラのホットシューに装着(レンズの右で発光) ブラケットを使ってストロボをカメラの直上に装着(レンズの上で発光)

 特徴はほかにもある。例えば付属のシンクロコードは各社のTTL調光に対応している。そのため、キヤノンとニコンの両システムで使い回す、といった利用法が考えられそうだ。

 また、ストロボバーとクリップオンストロボは、クリップオンストロボのシンクロ端子を利用して結合できる。キヤノンとニコンではシンクロ端子の位置が違うため、ストロボバーには2カ所のネジ穴を用意。固定のためのナット・ネジについても、長さの違う2種類が付属するといった芸の細かさだ。結合できるストロボは、キヤノンが「580EXII」、「580EX」、「430EX」(純正ブラケットSB-E2に装着が可能な製品)。ニコンが「SB-900」、「SB-800」、「SB-28DX」、「SB-28」(純正ブラケットSB-E2に装着が可能な製品)。結合すればハードなカメラワークにも対応できるのが魅力だ。

ニコンSB-900の結合例。付属のナット・ネジを使う こちらはキヤノンの580EX
付属のナット・ネジ。左がニコン用、右がキヤノン用

 結合をあきらめれば、上記以外の機材でも使用できる。説明書によると、EOSデジタルシリーズ、キヤノンPowerShotシリーズ(ホットシューを装備したもの)、ニコンのデジタル一眼レフカメラ、COOLPIXシリーズ(ホットシューを装備したもの)、富士フィルムFinePix Proシリーズ、ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ、サムスン製デジタル一眼レフカメラが使用可能だ。

 最後に付属のシューコードについて。両端にシューコンタクトを備える特殊なタイプで、2つのクリップオンストロボを装着できるのが特徴だ。2つを同時に発光させることは無理だが、どちらを発光させるかはスイッチで切り替えられる。ボディ側が横位置用、ストロボバー側が縦位置用といった使い分けが考えられそうだ。ニッシンジャパンの「SC-01」(6,800円)の同等品と思われるが、SC-01はカールコード、本製品はストレートコードという違いがある。

 ブラケットでのストロボ撮影に興味を持つ人はもちろん、一体化型から分離型にランクアップしたい人、あるいはキヤノンとニコンを使い回している人などに、ぜひ試してみてほしい製品だ。

ニッシンジャパン製のシューコードが付属する マルチコンタクトシューを採用。各社のTTL調光に対応する
どちらのストロボを発光させるかは、切替スイッチで選択可能。TOPにするとカメラバー側、EXTにするとストロボバー側のストロボが発光する SB-800とSB-900を装着。同時発光は不可能だが、縦位置と横位置で発光させるストロボを切り替えられる


(本誌:折本幸治)

2009/6/3 19:43


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.