デジカメドレスアップ主義

AFアダプターのニュージェネレーション

E-M5 Mark II + EF 40mm F2.8 STM

  • ボディ:オリンパス OM-D E-M5 Mark II
  • レンズ:キヤノン EF 40mm F2.8 STM
  • マウントアダプター:KIPON EF-MFT AF
  • カメラケース:鳥井工房 オリンパス OM-D E-M5 MarkII エバレディケース(プエブロ/グリージオ)
  • ストラップ:EPM YOSEMITE CAMERA STRAP SAFARI

昨今、マウントアダプターを使うボディと言えば、ソニーα7シリーズが人気だ。オールドレンズはフルサイズで使いたいという人が多いため、当然の帰結ではある。そうした中、久々にマイクロフォーサーズを盛り上げてくれるマウントアダプターが登場した。それがキポンのEF-MFT AFである。今回はこのマウントアダプターを軸にE-M5 Mark IIをドレスアップしてみた。

※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

キポンのEF-MFT AFは、キヤノンEF/EF-Sレンズをマイクロフォーサーズ機に付け、AF動作させるマウントアダプターだ。キポンにとってはEF-S/E AFに次ぐふたつめのAFマウントアダプターで、メタボーンズが得意とするAFマウントアダプターのカテゴリーに、いよいよキポンも本格参入というわけだ。

AFマウントアダプターは数あれど、EF-MFT AFのAFパフォーマンスは頭ひとつ抜きん出ている。シャッターボタン半押しで即座に合焦ランプが灯り、そのレスポンスの良さに驚かされる。純正レンズ同等とまではいかないものの、AFスピードはかなり高速だ。無論、マイクロフォーサーズボディ側で絞りコントロールができ、IS付きレンズは手ブレ補正も動作する。

電子接点を搭載し、キヤノンEF/EF-SレンズがAF動作する。電源はカメラから供給される
STMレンズに最適化されており、ハイパフォーマンスが期待できる
キポンのEF-MFT AFは税込3万8,800円。ソニーEマウント用のAFアダプターもある
EF-MFT AFは三脚座付きだが、鳥井工房のケースと干渉せずに装着できた

ただし、マイクロフォーサーズ、キヤノンEF/EF-Sレンズともに非常に種類が多いため、機材の相性がある。販売店によると、ボディはオリンパス製よりもパナソニック製の方が動作が安定しているという。IS付きレンズについては動作するものと動作しないものがあり、サードパーティ製のEFマウントレンズは動作が不安定になることが多い。ハイパフォーマンスをすべての環境で発揮できないのは惜しまれるが、今後のファームアップでの改善に期待したいところだ。

ドレスアップ面は鳥井工房のエバレディケースを合わせた。トラディッショナルでありながら、攻めのデザインをまとっているのが鳥井工房製ケースの醍醐味だ。グリップ部のパンチング、年輪のようなグリップの断面、プエブロとミネルバのコンビネーションなど、細部の意匠が目を奪う。完成度の高さは言うまでもなく、デザインにブレがないところがこのブランドの強みである。

グリップの積層したレザーが木の年輪のようだ。その上をパンチングレザーが覆う
鳥井工房のOM-D E-M5 MarkII エバレディケースは税込2万4,800円だ
背面はブリッジが渡るため、液晶チルトは使えなくなる
付属のネジで三脚穴に固定する。このネジ自体に三脚用のネジ切りが施してある

ストラップはEPMのYOSEMITE CAMERA STRAP SAFARIを選んだ。クライミングロープを用いた丸紐タイプのストラップである。直径8mm、長さ126cmで、斜め掛けにも対応するロングタイプだ。二重リングの取り付け部はイタリアンレザーを採用している。M型ライカ向けを想定した製品だが、ミラーレス機とも好相性である。ちなみに、丸紐タイプのストラップというとアルティザン&アーティスト製が有名だが、それと比べると若干太く、ナイロン製ゆえに肌触りは硬い印象だ。実際に手に取ると、かなりインパクトの強いストラップである。

EPMのYOSEMITE CAMERA STRAP SAFARIは税込1万2,800円だ。他のカラーもラインアップする
取り付け部はイタリアンレザーを使用。二重リングも質の良いものを用いている
上がアルティザン&アーティスト製、下がEPM製だ。EPMの方が若干太い

E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/640秒 / F8 / ±0EV / ISO200 / WB:オート
E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/60秒 / F2.8 / +0.7EV / ISO400 / WB:オート
E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/60秒 / F4 / ±0EV / ISO200 / WB:オート
E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/100秒 / F4 / -0.7EV / ISO200 / WB:オート
E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/1,250秒 / F4 / ±0EV / ISO200 / WB:オート
E-M5 Mark II / EF 40mm F2.8 STM / 1/125秒 / F5.6 / ±0EV / ISO200 / WB:オート

澤村徹

(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。ライター、写真家。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、こだわり派向けのカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。玄光社「オールドレンズ・ライフ」シリーズをはじめ、オールドレンズ関連書籍を多数執筆。http://metalmickey.jp