【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

デジカメドレスアップ主義:一芸アダプターの最新トレンド

キヤノンEOS 60D + AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G
Reported by 澤村徹

  • ボディ:キヤノンEOS 60D
  • レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G
  • マウントアダプター:Rayqual NFG-EOS
  • ストラップ:Benlly's & Job アーミーカメラストラップ・プラス
※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 昨今、付加機能付きマウントアダプターがちょっとしたトレンドだ。ミラーレス機向けのマウントアダプターは厚みがある。その厚みを活かし、絞り機能やティルトシフト機能を組み込んだ製品が増えている。特に絞り機能付きマウントアダプターは種類が多く、ニコンGやペンタックスDAなど、絞りリングのない現行AFレンズが、他社製ボディで使えるようになった。こうした動きはミラーレス機にとどまらず、EOS用マウントアダプターにも波及している。今回はRayqualの新製品、NFG-EOSを取り上げてみよう。

 NFG-EOSはニコンGレンズをEOSボディで使うためのマウントアダプターだ。絞り制御機能を搭載しており、絞りリングのないニコンGレンズを実絞りで使用できる。この手の製品はノボフレックス(近代インターナショナル取り扱い)から発売されているが、ノボフレックス製がマウントアダプター側の絞りレバーで絞り制御するのに対し、Rayqual製はレンズ自体を回すという新発想を取り入れている。ニコンGレンズの背面には自動絞りレバーが飛び出しており、これをマウントアダプターで押さえ、レンズ自体を回して絞りを開閉する仕組みだ。マウントアダプターの側面には絞り用の目盛りがあり、開放、中間絞り、最小絞りの目安がわかるようになっている。正確な絞り値までは把握できないが、カメラを絞り優先AEにしてシャッタースピードをチェックすれば、1段、2段といった絞りの変化は確認できるだろう。

現行製品同士のセットアップなので、違和感のないスタイルだ。純正品を組み合わせたような落ち着きがある マウントアダプター側面に目盛りがあり、絞り操作時の目安になる。レンズの動きは適度な重みがある
ニコンGレンズは底面に自動絞りレバーがせり出している。このレバーをマウントアダプターで押さえる仕組みだ RayqualのNFG-EOSは1万9,950円。ペンタックスDAレンズを絞り制御するPDA-EOSもラインナップする

 ドレスアップ面はミリタリーテイストのワイドストラップを合わせてみた。Benlly's & Jobのアーミーカメラストラップ・プラスは、ミリタリーショルダーベルトをカメラ用ストラップにリメイクしたものだ。従来二重リング用が発売されていたが、新たにデジタル一眼レフ向けのテープタイプがラインナップに加わった。取り付け部の金具をレザーで覆っているため、カメラを傷つける心配がない。外観と実用性のバランスに長けたストラップだ。

Benlly's & Jobのアーミーカメラストラップ・プラスは4,725円。デッドストック品のリメイクなので、生産数に限りがある 取り付け部はナイロンテープを採用している。デジタル一眼レフと組み合わせやすいスタイルだ

 今回のセットアップは、キヤノンAPS-CボディにニコンDXフォーマットのレンズを組み合わせている。オリジナルボディ(ニコン製デジタル一眼レフ)では35mm×1.5倍で35mm判換算52.5mm相当となるが、キヤノンAPS-C機では1.6倍となるため、35mm判換算56mm相当だ。倍率数こそ異なるが、標準画角のレンズとして扱いやすいセットアップである。なお、作例はRAWで撮影し、Lightroomでストレート現像している。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしのRAW現像画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/200秒 / 中間絞り / 0EV / ISO100 / WB:オート / 35mm EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/4000秒 / 開放絞り / 0EV / ISO100 / WB:オート / 35mm
EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/5,000秒 / 開放絞り / 0EV / ISO100 / WB:オート / 35mm EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/640秒 / 中間絞り / 0.67EV / ISO100 / WB:オート / 35mm
EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/2,000秒 / 中間絞り / -0.67EV / ISO100 / WB:オート / 35mm EOS 60D / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G / 5,184×3,456 / 1/500秒 / 中間絞り / 0.67EV / ISO100 / WB:オート / 35mm




(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/6/16 00:00