フォトアプリガイド

QuickPic(Android)

オンラインにある写真をシームレスに管理

「QuickPic」は、いわゆる“定番”画像ビューワアプリだ。低スペックなAndroid端末でもサクサク表示でき、またオンラインストレージサービスへの対応など、端末にプリセットされた純正のビューワアプリにはない機能が評価されている。

最新版はAndroid OS 4.4の制限により、外部記憶メディアに直接画像をコピーできなくなったのは残念だが、基本的な部分ではそれでも扱いやすい画像ビューワアプリのひとつといえる。

価格は無料。試用バージョンは3.5.1。

まず「QuickPic」を起動すると、ローカルフォルダとDropboxやGoogle Driveといったオンラインストレージサービスのアイコンが表示される。

表示させたい画像が保存された場所・サービスをタップして指定しよう。

画像の参照場所を選択したら、後の操作は他のビューワアプリと変わらない。フォルダを指定し、画像を選択してみよう。

メニュー内の「編集」をタップすると、本アプリの編集機能のほか、端末に導入した編集アプリを呼び出せる。

利用できる編集は、「縮小」「トリミング」「回転」の3つとシンプルだ。

「縮小」はプリセットサイズを指定して画像を縮小する機能。

「トリミング」は、任意の選択範囲のほか、縦横比、解像度を指定してトリミングが可能だ。なお、ピンチアウト・イン操作で拡大・縮小が行なえる。

「回転」は「左に回転」「右に回転」「180回転」と3つから選べるが、単純に回転させるだけならわざわざ編集機能を利用しなくても、画像を開いた際にアクセスできるメニューからやったほうが手っ取り早い。

ちなみに、外部記憶メディアへのコピーに関する制限だが、「共有」機能のひとつとして指定できる「SDカードにコピー/移動」は有効だ。

本アプリの売りはなんといっても、オンラインストレージサービス内に保存された画像をローカル保存した画像と同じように扱える点だ。

オンラインストレージサービスを積極的に利用しているなら、こうしたビューアアプリを利用すると、画像の検索・管理がグッと楽になるだろう。

執筆:飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。