ニュース

カメラのキタムラ「写真ホーダイSIM」、データ上限が増量

通信料は最大5GB・1日上限は167MBに 取扱店舗も強化

キタムラは、全国に900店舗を展開する「カメラのキタムラ」において、2月25日よりオリジナルのMVNOデータ通信専用SIMカード「写真ホーダイSIM」の取扱いを149店舗に拡大した。

もともと、写真ホーダイSIMの取扱いは、2015年6月より先行して10店舗で開始されていたが、2月25日からは対応店舗を大幅に増加する。また、データ量の上限も70MB/日から167MB/日と増量された。

写真ホーダイSIMは、NTTドコモの電話回線網を利用したサービス。SIMロックフリーのスマートフォンおよびタブレットのほか、NTTドコモ取扱いのスマートフォンおよびタブレットで利用できる。

本SIMカードの特徴は、1カ月あたりのデータ通信量が最大5GB(167MB/日×30日間)であるのにも関わらず、キタムラのサイトやキタムラが提供するアプリ(プリント直行便、イヤーアルバム、マイフォトボックス、動画プリント、ARビュア−、フォト本)へのアクセスは無制限となっている点。

これにより、通信量を気にせず、写真プリントやフォトブックの作成・注文が行えるようになる。

また、メールの送受信ができるSMS機能やウイルスセキュリティー機能も搭載する。

初期登録手数料は、税込3,240円。月額利用料金は、税込1,600円。

契約時には、本人確認書類と自分名義のクレジットカードの2点が必要。店頭在庫の無い店舗でも取り寄せにて契約が行える。

SIMカードサイズは、microタイプとnanoタイプの2種類が用意され、最大通信速度は150Mbps。上限の通信量を超えた場合でも、200kbpsの通信で利用が可能だ。

飯塚直