ニュース

マイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明

デジカメOEMのザクティなど

オリンパスとパナソニックは2月10日、マイクロフォーサーズシステム規格に5社が新たに賛同したと発表した。

新たに加わったのは、旧三洋電機のカメラ事業会社が独立しデジタルカメラのOEMなどを手がけるザクティ、映像制作機器の開発や販売を手がけるナックイメージテクノロジー、中国の無人空撮機メーカーAutel、中国でカメラアプリなどを手がけるMeitu、ドローンメーカーなどに画像処理エンジンモジュールなどを提供している中国の3db Hardware Technology。

マイクロフォーサーズシステム規格は、2008年にオリンパスとパナソニックが共同で発表したレンズ交換式のミラーレスカメラを実現するシステム。賛同社は今回の5社を含めて計31社。近年はドローン関係や動画撮影分野の賛同社が目立っている。