ニュース

Map Camera、「買取リピーター」機能を開始

2回目以降の取引時に本人確認書類の提出を省略

Map Cameraを運営するシュッピンは、買い取りおよび下取り取引を行なった顧客に対して、2回目以降の取引時に本人確認用の書類が必要なくなる「買取リピーター」機能を実装した。12月15日より運用を開始する。

同日以降に買い取りおよび下取りを完了させると、専用のIDとパスワードがECサイトより発行可能になり、これを用いることで次回以降の取引時における本人確認書類および住所確認の提出が省略できる。同社ではユーザーが買い取りを希望する製品を発送する「発送買取」を実施しているが、これまでは非対面取引の場合、取引ごとに書類の提出が必要だった。

Map Camera以外の対象サイトは、GMT、KINGDOM NOTE、CROWN GEARS。なお、住所や姓名が変更になった場合は、改めて本人確認書類の手続きが必要になる。

関根慎一