ニュース

カシオ、カメラと液晶モニターが分離する“Outdoor Recorder”「EX-FR100」

16mm相当に広がったレンズ。撮影画像の自動転送に新対応

カシオ計算機は、カメラ部分とコントローラー部分を離して撮影できる「EX-FR100」を12月11日に発売する。店頭予想価格は税込6万円前後。カラーはブラック、イエロー、ホワイトの3色。

耐衝撃・耐低温・防水・防塵性能を持ち、セパレート型の“フリースタイルデジカメ”として登場した「EX-FR10」(2014年9月発売)の流れを汲むモデル。カメラ部分とコントローラー部分がBluetoothで繋がっており、カメラ部分のみを棒の先に取り付けて撮影したり、身に付けておいてインターバル撮影するといったスタイルを可能にしている。

EX-FR100ではインターバル撮影や動画撮影時の手ブレ補正を強化したほか、新たに撮影後の画像をスマートデバイスに自動送信する「エクシリム オートトランスファー」、画像解析を用いた「ハイライトムービー」作成機能、コラージュフォトを手軽に作れる「ハイライトフォト」といった機能を搭載した。

撮像素子は、有効1,020万画素の1/2.3型CMOSセンサー。レンズは35mm判換算16mm相当F2.8。FR10は有効1,400万画素のCMOSセンサーと、35mm判換算21mm相当F2.8のレンズを搭載していた。

最大で1,920×1,080/30fpsの動画記録に対応する。

記録メディアはmicroSDXC/SDHC/SDカード。

バッテリーはカメラ部・コントローラー部ともに内蔵式のリチウムイオン充電池。撮影可能枚数は約235枚(カメラ単体動作時は約285枚)。USB充電に対応する。

外形寸法はカメラ部が60.9×33.3mm(ヒンジ含まず)、コントローラー部が59.2×86.7×19.4mm(ヒンジ含む)。合体時のサイズは60.9×154.8×38.7mm。

重量はカメラ部約76g、コントローラー部約103g、合体時約214g。

市販の三脚に取り付けるための三脚ナット、カラビナストラップなどが付属する。