ニュース

キヤノン、フォトアルバム作成用の自動画像解析・レイアウト技術

「良い」写真を自動で選別 動画からも

キヤノン株式会社は10月30日、フォトアルバム作成用の新技術「EAGiAL」(イージアル)を開発したと発表した。構図や表情などから写真を自動でセレクトする技術で、動画からの自動切り出しにも対応するのが新しい。

フォトアルバム作成にあたり、EAGiALは表情、構図、画角などから自動で「良い」写真をセレクト。選んだ写真を自動でアルバムにレイアウトする。キヤノンが「長年培ってきた写真に関する技術を研究して開発した」という。

さらに動画から静止画を切り出し、レイアウトして注文まで行える機能も備えている。

印刷には、キヤノンの業務用フォトプリンター「DreamLabo 5000」(2011年9月発売)を使用。スマートフォンやタブレットにも対応する。

キヤノンでは、2014年2月に高級フォトアルバムサービス「PhotoJewel」(フォトジュエル)をスタート。EAGiALを用いた新サービスの導入も2016年第1四半期に計画しているという。