ニュース

パナソニック、LUMIX GX8のDual I.S.対応レンズを拡大

NOCTICRON 42.5mm / F1.2など6本 ファームウェア更新で

対象レンズの1つLEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.(H-NS043)

パナソニックは8月18日、交換レンズ6本のファームウェアを更新した。

対象レンズとバージョン番号は以下の通り。

  • LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.(H-FS14140、Ver1.1)
  • LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 II ASPH. MEGA O.I.S(H-FS1442A、Ver1.1)
  • LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.(H-HS030、Ver1.1)
  • LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.(H-HS12035、Ver1.3)
  • LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.(H-HS35100、Ver1.3)
  • LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.(H-NS043、Ver1.2)

更新することでDual I.S.機能に対応する。Dual I.S.は、レンズ内手ブレ補正とボディ内手ブレ補正を組み合わせた手ブレ補正機構。現在、7月に発売した「LUMIX DMC-GX8」で使用できる。

LUMIX DMC-GX8
Dual I.S.の仕組み