ニュース

ニコン、定価17万円台の「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」

手ブレ補正モード「SPORT」搭載

ニコンは、「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を9月17日に発売する。価格は税別17万5,000円。

フルサイズのFXフォーマットで200-500mm、APS-CのDXフォーマットで300-750mm相当の画角をカバーする超望遠ズームレンズ。現行のAF-Sレンズで望遠端400mmを超えるズームは唯一。

近い焦点距離域をカバーするニコン純正レンズには、「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」(税別31万円)や「AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II」(税別100万円)がある。新しい200-500mmはより望遠側が長く、価格が手頃。シグマやタムロンの150-600mmが直接のライバルになると思われる。

シャッタースピード4.5段分の効果を持つ手ブレ補正機構VRを搭載。VRモードはスポーツシーンなどの撮影に向くという「SPORT」モードも選べる。

連写時に絞り制御が安定する電磁絞りを採用。製品発表時点でニコンが案内している対応機種は、D4シリーズ・D3シリーズ・Df・D810シリーズ・D800シリーズ・D750・D700・D610・D600・D300シリーズ・D7200・D7100・D7000・D5500・D5300・D5200・D5100・D5000・D3300・D3200・D3100・マウントアダプターFT1を装着したNikon 1シリーズ。

1.4倍のテレコン装着時でも、ボディ側が開放F8でのAFに対応していれば、AFを利用できる。

レンズ構成は12群19枚。最短撮影距離は2.2m。最大撮影倍率は0.22倍。フィルター径は95mm。

最大径×全長は約108×267.5mm。重量は約2,300g(三脚座込み)、約2,090g(三脚座なし)。

「ニュートラルカラーフィルターNC 95mm」(税別1万5,000円)と「円偏光フィルターII 95mm」(税別3万7,500円)を同時に発売する。

ニュートラルカラーフィルターNC 95mm
円偏光フィルターII 95mm
バヨネットフードHB-71(付属品。単品価格は税別5,000円)
レンズケースCL-1434(付属品。単品価格は税別3,000円)

8月4日22時20分追記:電磁絞りについて、記事初出時は非対応のカメラについて記載していましたが、ニコンが発表している対応機種リストの引用に改めました。