ニュース

EVF内蔵の30倍ズームコンパクト「サイバーショットHX90V」

Wi-Fi/NFC・GPS機能も搭載

ソニーは、「サイバーショットDSC-HX90V」を6月5日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別5万5,000円前後の見込み。

EVFを内蔵したスリムタイプの30倍ズーム機。従来モデルのHX60Vにあったホットシューを省略し、EVF、チルト式モニター、コントロールリングを新たに搭載している。

ポップアップ式のEVFを搭載

同時発表のサイバーショットDSC-WX500とは、内蔵EVF、コントロールリング、GPS機能の有無が主な違い。

撮像素子は有効約1,820万画素の1/2.3型Exmor R裏面照射型CMOSセンサー。感度範囲はISO80〜3200(連写合成でISO6400、ISO12800相当も)。RAW記録は非対応。

レンズは35mm判換算24-720mm相当F3.5-6.4で、ZEISSバリオ・ゾナーT*銘。

EVFは0.2型約64万ドットの有機EL。使い方は1型センサーのコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットRX100M3」と同様で、使用時にフラットな本体からポップアップさせ、接眼部を引き出して覗く。

RX100M3はEVF収納時にカメラの電源がオフになるが、HX90Vでは電源オン時の連動と、電源オフ時に連動しない設定も可能としている。

液晶モニターは3型約92万ドット。上方向に約180度までチルトする。

モニターは上方向に約180度チルトできる

動画記録は1,920×1,080/60pのAVCHDなどに対応。XAVC Sをサポートする。

Wi-Fi/NFC、GPS機能を搭載。カメラ内に撮影補助アプリをインストールできる「PlayMemories CameraApps」に対応する。スイングパノラマやピクチャーエフェクトも利用できる。

記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード(UHS-I対応)、メモリースティックデュオなど。

バッテリーはNP-BX1。microUSB端子からの充電に対応する。撮影可能枚数は液晶モニター時約390枚、EVF使用時約360枚。

外形寸法は102×58.1×35.5mm。重量は約245g(バッテリー、メディア込み)、約218g(本体のみ)。

別売で専用ジャケットケース「LCJ-HWA」(4,500円)を用意。ボトムケース、前カバー、ショルダーストラップがセットになっている。同時発表のWX500と兼用。

ブラック
ライトブラウン
ブラウン