ニュース

キヤノン、Connect Station対応コンパクト「IXY 640」

1万円台のエントリーモデルも

IXY 640
IXY 170
IXY 150

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「IXY 640」、「IXY 170」を4月下旬に、「IXY 150」を2月19日にそれぞれ発売する。価格はすべてオープンプライス。

IXY 640

Wi-Fi対応の12倍ズームモデル。直販価格は2万1,800円。ブラックとシルバーを用意する。

2014年2月に発売した「IXY 630」の後継モデル。撮像素子は1/2.3型有効2,020万画素CMOSセンサー。30pのフルHD動画を撮影可能。画像処理エンジンはDIGIC 4+。従来モデルは有効1,600万画素だった。

今回の3機種のうち唯一Wi-FiとNFC機能を搭載し、「Connect Station」に対応する。Connect Stationは同社が6月に発売するHDD内蔵のフォトストレージで、本カメラを上に置くだけで写真の取り込みができる。

レンズは、35mm判換算での焦点距離25-300mm相当F3.6-7で、前モデルと同じ。

液晶モニターは約46万ドットの3型。電源はリチウムイオン充電池「NB-11LH」。撮影可能枚数は約185枚。

外形寸法は99.6×58.0×22.8mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約147g。

IXY 170

IXY 640からWi-FiやNFC機能を省いた12倍ズームモデル。直販価格は1万6,800円。ブラックとシルバーを用意する。

2014年2月に発売した「IXY 140」の後継モデル。撮像素子は1/2.3型有効2,000万画素CCDセンサーで、従来モデルと同じ。25pのHD動画が撮影可能。画像処理エンジンはDIGIC 4+。

レンズは、35mm判換算での焦点距離25-300mm相当F3.6-7。前モデルは24-240mm相当の10倍ズームだった。

液晶モニターは約23万ドットの2.7型。電源はリチウムイオン充電池「NB-11LH」。撮影可能枚数は約200枚。

外形寸法は99.6×57.6×22.6mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約141g。

IXY 150

8倍ズームレンズ搭載モデル。直販価格は1万1,800円。シルバーとレッドを用意する。

2014年2月に発売した「IXY 120」の後継モデル。撮像素子は1/2.3型有効2,00万画素CCDセンサー。25pのHD動画を撮影可能。画像処理エンジンはDIGIC 4+。従来モデルは有効1,600万画素だった。

レンズは、35mm判換算での焦点距離28-224mm相当F3.2-6.9で、前モデルと同じ。

液晶モニターは約23万ドットの2.7型。電源はリチウムイオン充電池「NB-11LH」。撮影可能枚数は約220枚。

外形寸法は95.2×54.3×22.1mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約127g。