ニュース

秩父鉄道、「SLライトアップ撮影会ツアー」を開催

広瀬川原車両基地にて。現役C58の転車台見学も

 秩父鉄道と秩父観光興業は、広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市)でライトアップされたSLを撮影できる「広瀬川原車両基地☆SLライトアップ撮影会ツアー」を12月20日・12月21日に開催する。募集人数は各日80人。費用は4,800円(軽食代、バス代、記念品代を含む)。

イメージ写真(秩父鉄道提供)

 通常は立ち入りできない車両基地内で、特別にライトアップされたSLを撮影できるツアー。熊谷駅南口に集合し、熊谷駅で解散する。

 広瀬川原車両基地では、営業運転後のC58363の転向シーンを転車台で見学後、貨車を連結して撮影会を行なう。ツアー参加者にはオリジナル記念品が進呈されるほか、秩父地域開通100周年記念グッズが当たるお楽しみ抽選会も開催予定としている。

C58363(左)と、転車台の転向シーン(右)も見られる(写真:秩父鉄道提供)

 SL撮影は2組に分かれ、40名ずつ時間をずらして行なう。組により熊谷駅の出発時刻と到着時刻が異なる(16時30分〜19時50分または17時30分〜20時30分)が、どちらかを指定することはできない。

 なお、同社では「撮影には、広角ズームレンズ24mm(35mm換算)〜を用意すると便利です」と案内している。

(本誌:鈴木誠)