ニュース

クリップオンストロボ用の組み立て式ソフトボックス

小型のディフューザーも

 オリエンタルホビーは、マレーシアGamilight(ガミライト)のクリップオンストロボ用ディフューザー「Octave36 White」と「Event Lite」を11月28日に発売する。

 ストロボのサイズに合わせた取り付けマウント別にそれぞれ2種類用意する。

 Sサイズの対応モデルは、オリンパスFL36R、キヤノン430EX II、サンパックPZ42X、ソニーHVLF42AM、ニコンSB700、SB800、SB-80DX、ニッシンジャパンDi466、パナソニックDMW-FL360

 Lサイズの対応モデルは、オリンパスFL50R、キヤノン600EX-RT、580EX II、ソニーHVL-F58AM、ニッシンジャパンDi622 Mark II、Di866、ニコンSB910、SB900、メッツMECABLITZ 54、MECABLITZ 48AF、MECABLITZ 58AF、パナソニックDMW-FL500。

Octave36 White

 最大径36cmの折り畳み式ディフューザー。価格は税別5,000円。

 本体を展開して布ディフューザーを装着することで、八角形のソフトボックスとして使用できる。

 外形寸法は360×360×170mm。折り畳み時は240×210×15mm。重量は165g。減光量は約1/2段分。

Event Lite

 反射板と板状のディフューザーからなるアクセサリー。価格は税別3,500円。

縦位置でも前方に向けて使用できる
縦位置でディフューザーを装着したところ

 反射板の角度を調整してバウンス発光を補助できるほか、ディフューザーを装着して柔らかい光も作れる製品。反射板の取り付け方を変えることで、縦横位置の両方に対応する。

 外形寸法は、組立時が12.5×11.7×4.5cm、収納時が15.2×11.7×0.6cm。ディフューザーが13×24×0.6cm。重量は40g。減光量は約1〜2絞り分。

関根慎一