ニュース

EIZO、正方形画面の液晶ディスプレイを開発発表

1,920×1,920ドットの26.5型

 EIZO株式会社は、縦横比1:1のパネルを採用した液晶ディスプレイ「FlexScan EV2730Q」を開発発表した。発売予定時期は2015年1〜3月、価格は未定。

 1,920×1,920ドットの正方形パネルを採用。フルHD解像度(1,920×1,080ドット)と比較して縦方向に約78%広く使えることから、Webサイト閲覧、CAD、コーディング用途において全体イメージの把握が容易になるメリットが期待できるとしている。

 デジタルフォト用途においては、写真が縦位置・横位置のどちらでも表示倍率が大きく変わらない利便性が見込まれる。

 入力端子はDVI-D 24ピン×1、DisplayPort×1(HDCP対応)。

 基本仕様は同社EVシリーズを踏襲。自動調光機能、ノングレア仕様、可動域の大きなスタンド、人感センサーなどを利用できる。

 本体サイズは、23〜24型クラスのディスプレイより横幅がスリムになる見込み。

 EV2730Qの「Q」には“Quadrate”(正方形)の意味を含むという。