ニュース

ニコン、左右バウンス発光できる小型ストロボSB-500

LEDライト搭載、ワイヤレス発光も対応

 ニコンは、クリップオンストロボ「SB-500」を9月25日に発売する。価格は税別3万円。

 単三電池2本で動作する小型のクリップオンストロボ。最大ガイドナンバーは24(ISO100・m、24mm時)。調光補正などの設定操作部をストロボ本体から省略しつつ、LEDライトや縦横に回転可能な発光部を備えることで撮影の幅を広げている。

 より小型の「SB-300」(税別1万7,000円)に比べると、左右回転可能な発光部、LEDライト搭載、ワイヤレス発光対応といった仕様面の違いがある。

 LEDライトは約100lxでクラス最大級としている。色温度は5,400K。3段階に照度を変更可能。

 発光部は上方向90度、左右方向180度に回転する。電源は単三電池2本。

 外形寸法は約67×114.5×70.8mm。重量は電池込み約273g、本体のみ約226g。