ニュース

全天球カメラ「RICOH THETA」の国内発売が決定

 リコーイメージングは、全天球イメージを撮影できるカメラ「RICOH THETA」(リコー・シータ)を11月8日に発売する。価格はオープンプライス。店頭価格は4万円台半ばの見込み。

 二眼屈曲光学系を採用し、1度のシャッターで全天球イメージを撮影できるカメラ。フォトキナ2012でのコンセプト展示から、CP+2013での国内参考展示を経て、IFA2013で「THETA」として正式発表された。その際、国内販売は未定としていた。

 撮影画像はWi-Fi経由でスマートフォンに転送・閲覧可能。リモート撮影もできる専用iPhoneアプリ「RICOH THETA for iPhone」を用意している。また、年末までにAndroid OS用も提供予定という。スマートフォンのGPS情報でジオタグを付与することもできる。

 Adobe AIRで動作するWindows/Mac用ソフトも用意。画像閲覧やTHETAのファームウェアアップデートが行なえる。

 最短撮影距離はレンズ前約10cm。露出制御はオートで、±2段の露出補正が可能。感度はISO100-1600。記録は4GBの内蔵メモリーに約1,200枚を保存可能としている。記録フォーマットはJPEG。カメラを傾けて撮影した場合、自動傾き補正が行なわれるという。

 電源は内蔵リチウムイオンバッテリー。付属USBケーブルで充電する。撮影可能枚数は約200枚。

 外形寸法は42×129×22.8mm。重量は約95g。底部に三脚穴を持ち、別売でストラップ用アタッチメントも用意する。