ニュース

ニコン、手のひらに収まる超小型デジカメ「COOLPIX S02」

背面モニターが大型化。“ミラーシルバー”も健在

 株式会社ニコンイメージングジャパンは、超小型ボディのデジタルカメラ「COOLPIX S02」を9月19日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は2万円前後の見込み。

 カラーバリエーションは、ミラーシルバー、ホワイト、ピンク。

ミラーシルバー
ホワイト
ピンク

 「COOLPIX史上最小、最軽量カメラ」として発売された「COOLPIX S01」(2012年9月発売)の後継モデル。

 撮像素子は有効約1,317万画素の1/3.1型CMOSセンサー。前モデルは1/2.9型有効1,034万画素CCDセンサーだった。

 また、前モデルとほぼ同じ本体サイズながら、液晶モニターが2.5型から2.7型に大型化した。ドット数はともに約23万。

 最高感度はISO1600。露出制御はプログラムオートのみ。

 レンズは焦点距離30-90mm(35mm判換算)相当F3.3-5.9の光学3倍ズームレンズ。最短撮影距離は、広角側約5cm(先端レンズ面中央から)、望遠側約50cm(いずれも撮影シーン「クローズアップ」時)。

 H.264形式での動画記録が可能。1,920×1,080/30pなどの動画記録が行なえる。

 本体にストロボを内蔵。

 記録媒体は本体内蔵の7.3GBメモリー。

 バッテリーは内蔵型のリチウムイオン充電池。電池寿命は約210コマ。

 外径寸法は約77.1×51.3×17.5mm。質量は約100g。