ニュース

ニコン、EVF搭載の高級コンパクト「COOLPIX P7800」

白画素入りのバリアングル液晶モニターを装備

 ニコンは、EVFを搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7800」を10月10日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は6万5,000円前後の見込み。

 2012年9月に発売した「COOLPIX P7700」の後継モデル。要望が多かったことから新たに約92万ドットのEVF(視度調節機能付き)を搭載した。

 加えて、液晶モニターがホワイトドットを加えた「RGBW」タイプになった。画面全体の明るさを向上させつつ、消費電力を従来モデルよりも低減した。また、従来の1.7倍の高輝度表示が可能な「野外撮影モード」も新たに加わった。

 さらに外付けオプション「ワイヤレスモバイルアダプターWU-1a」と「ワイヤレスリモートコントローラーWR-R10」に新対応した。前者を使うとスマートフォンなどからリモートライブビュー撮影が行なえ、後者は別売の送信機(WR-T10)からのレリーズ信号を無線で受信できる。

内蔵ストロボをポップアップさせたところ

 グリップを備えるデザインを前モデルから踏襲した。独立したモードダイヤルや露出補正ダイヤルも利用可能。EVFはボディ前面から見て右上に装備したが、従来近い位置にあったポップアップ式ストロボも搭載している。

 それ以外の主な機能は従来モデルとほぼ同じ。

 撮像素子は1/1.7型有効1,219万画素の裏面照射型CMOSセンサー。RAW記録も可能。感度はISO80〜ISO3200、Hi 1(ISO6400相当)で変わりない。動画はフルHD記録に対応する。画像処理エンジンは「EXPEED C2」。

 レンズは35mm判換算の焦点距離28-200mm相当の7.1倍ズーム。開放F値はF2-4と200mm相当の望遠端でも比較的明るい。最短撮影距離は2cm(レンズ前)。レンズシフト式の手ブレ補正機構「VR」も搭載する。

オプションのレンズフード「HN-CP17」(P7700と共通)の装着例
オプションのクリップオンストロボ「SB-300」の装着例

 液晶モニターは約92万ドットの3型で、バリアングル式を継承した。

 シャッター速度は1〜1/4,000秒。連写速度は約8コマ/秒(最大6コマまで)。

 引き続き電子水準器、NDフィルター、スペシャルエフェクトフィルターなどが利用可能。従来通りオプションのGPSユニット「GP-1A」にも対応する。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。内蔵メモリーは約86MB。バッテリーはリチウムイオン充電池「EN-EL14」。撮影可能枚数は約350枚。前モデルは約330枚だった。

 外形寸法は118.5×77.5×50.4mm、重量は399g(バッテリーと記録メディアを含む)。

【2013年9月5日】製品画像11枚を追加しました。

(本誌:武石修)