ニュース

富士フイルム、Wi-Fi搭載の防水耐衝撃機「FinePix XP200」を国内発売

 富士フイルムは、防水耐衝撃コンパクトデジタルカメラ「FinePix XP200」を27日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万円前後の見込み。カラーはブルー、イエロー、ブラック。

 15m防水、2m落下耐衝撃、-10度耐寒、防塵といったタフネス機能を備えたモデル。海外では3月22日に発表していたが、国内発売が未定だった。海外でラインナップしているレッドは国内では発売しない。

 同社タフネスモデルで初めてのWi-Fi機能を搭載した。スマートフォンなどに無料アプリ「FUJIFILM Camera Application」をインストールすることで、最大30枚の画像をカメラで選択して端末に送信できる。また、Wi-Fiルーター啓右でPCに自動保存する「FUJIFILM PC Auto Save」にも対応する。

 撮像素子は1/2.3型有効1,640万画素CMOSセンサー。レンズは35mm判換算28-140mm相当の5倍ズーム。

 液晶モニターは約92万ドットの3型。

製品名 FinePix XP200
撮像素子 1/2.3型有効1,640万画素CMOSセンサー
レンズ 28-140mm相当(35mm判換算)F3.9-4.9
最短撮影距離 9cm(マクロモード広角端)
40cm(マクロモード望遠端)
手ブレ補正 センサーシフト式
感度 ISO100-3200
ISO6400(画素混合)
露出プログラム プログラムAE
シャッター速度 4-1/2,000秒(全モードあわせて)
液晶モニター 3型約92万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード、内蔵メモリー(約39MB)
連写速度 約10コマ/秒(9枚まで)
動画記録 H.264(1,920×1,080・60fps)など
バッテリー リチウムイオン充電池「NP-50」
撮影可能枚数 約300枚
外形寸法 116.1×71.4×30.3mm
質量 約212g(本体)
約232g(バッテリー、メモリーカード含む)

(本誌:武石修)