ニュース

【CP+】KIPON、ミラーレス用大口径レンズ「40mm F0.85」を展示

 KIPONは、ミラーレスカメラ用の大口径レンズ「IBELUX 40mm F0.85」を参考出品。独IB/E OPTICSとKIPONの共同開発で、ブランド名「HANDEVISION」を冠する。2013年7月発売予定とし、価格は未定ながら12万円〜15万円前後になるのでは、としていた。

参考出品のIBELUX 40mm F0.85

 現段階の試作品ではアルミ鏡筒を採用し、EDレンズを3枚使用。ラインナップはソニーEマウントのほか、Xマウント、Mマウント(距離計非連動)、マイクロフォーサーズ、キヤノンEOS M用を予定しているという。

 マウントアダプターの新製品としては、ティルト&シフト対応のニコンFマウントレンズ用(Eマウント、Xマウント、マイクロフォーサーズ、EOS M用)およびハッセルブラッド用(EFマウント、Fマウント、Aマウント、Kマウント、フォーサーズ用)を出品。いずれもティルト、シフトそれぞれ12度ほどの可動範囲を持つという。

ティルト&シフト対応のFマウントレンズ用Eマウントアダプター
同Xマウント用
ハッセルブラッド用