ニュース

【CP+】タムロン、マイクロフォーサーズ用「14-150mm F3.5-5.8 Di III VC」を参考出品

 タムロンブースでは29日に開発を発表したマイクロフォーサーズ用の高倍率ズームレンズ「14-150mm F3.5-5.8 Di III VC」を参考展示していた。

タムロンブース
14-150mm F3.5-5.8 Di III VC(シルバー)

 35mm判換算で28-300mmをカバーしながらも、フィルター径52mmと小型になっている。ブラックとシルバーをラインナップする予定で、ブースではOLYMPUS OM-D E-M5にブラックを装着してケース内展示していた。来場者が手に取ることはできない。

 今回は特別に商談スペースでシルバーを撮影することができた。現物を手に取ると、想像していたより小さく感じた。外装は金属で高級感があり、とりわけE-M5とのデザインのマッチングは高い印象を受けた。

300mm相当での撮影が可能ながら、小型になっている。
手ブレ補正機構「VC」を搭載。ON/OFFスイッチを備える。
望遠端にしたところ
こちらはブラックの14-150mm F3.5-5.8 Di III VC

 タムロンで初めてのマイクロフォーサーズ対応レンズ。説明員は、「マイクロフォーサーズカメラのユーザーは、レンズ交換が不要な高倍率ズームレンズが(より大きなセンサーを搭載したカメラに比べて)求められていると考えている。大きさの面でもマイクロフォーサーズカメラのユーザーの意向に近いレンズなのではないか」と話していた。

未発売のニコン用「SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」を試せる
同じく未発売のニコン用「SP 70-200mm F2.8 Di VC USD」も展示
こちらも未発売のソニー用「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD。α99で試せる
盛況のハンズオンコーナー
恒例の同社製レンズクリーニングコーナーも