ニュース

「PENTAX Q10エヴァンゲリオンモデル」正式発表

レイ/初号機/アスカの3タイプ。限定各1,500セット

 ペンタックスリコーイメージング株式会社は、「PENTAX Q10エヴァンゲリオンモデル」3タイプを4月に発売する。各1,500セットの数量限定。価格はオープン。店頭予想価格は5万9,800円前後の見込み。

PENTAX Q10エヴァンゲリオンモデルTYPE00:レイ ©Khara
PENTAX Q10エヴァンゲリオンモデルTYPE01:初号機 ©Khara
PENTAX Q10エヴァンゲリオンモデルTYPE02:アスカ ©Khara

 ペンタックスリコーイメージング株式会社と株式会社トーハンの共同企画で、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開を記念したという製品。2012年12月21日に開発決定が明らかにされており、今回、発売が正式に決定した。

 2012年10月発売のレンズ交換式デジタルカメラ「PENTAX Q10」をベースに、エヴァンゲリオンの主要キャラクターをイメージしたオリジナルのカラーリングを採用した。

 内蔵ストロボ上部に、劇中に登場する特務機関ネルフのシンボルマークをデザイン。カメラの起動時には、液晶モニターにもネルフのシンボルマークが表示される。

©Khara

 カメラ本体およびレンズの仕様は通常製品と共通。

 PENTAX Q10は、有効約1,240万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー、3型約46万ドットの液晶モニターなどを搭載するレンズ交換式デジタルカメラ。通常製品の実勢価格は、ズームレンズキットが4万700円前後。ダブルズームキットが6万4,000円前後(いずれもレギュラーカラーの価格)。

 各セットに付属するレンズは、標準ズームレンズの「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」。カメラ本体にあわせたカラーリングが施されている。「ボディカラーに丁寧に合わせ込んだ塗装をすることで、使用時のシンクロ率(一体感)を高めています」(ペンタックスリコー)とのこと。

 1月31日から開幕するイベント「CP+2013」(パシフィコ横浜)のペンタックスリコーイメージングブース内特設コーナーで先行展示される。