ニュース

ソニー、「360度スイングパノラマ」搭載コンパクト

 ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-WX60」と「サイバーショットDSC-W730」を25日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はDSC-WX60が2万3,000円前後、DSC-W730が1万8,000円前後の見込み。

DSC-WX60

 有効1,620万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載した8倍ズームレンズ搭載モデル。360度のスイングパノラマ機能を搭載したほか、動画とパノラマにもピクチャーエフェクトを適用可能になった。カラーはホワイト、ブラック、ピンクを用意する。

 肌をなめらかにしたり目を大きくすることができるビューティーエフェクト機能も採用した。またストロボ撮影時のISO感度を最適に設定することで、より遠くまで明るく写せるなどの改良も施した。

 レンズは35mm判換算の焦点距離25-200mm相当。液晶モニターは約23万ドットの2.7型。

 AVCHDによるフルHD動画撮影に対応する。

 同社製テレビに今後搭載されるという「トリルミナスディスプレイ」に対応した広色域の「トリルミナスカラー」にも対応する。

DSC-W730

 DSC-WX60に対して、画素数は同じながらセンサーをCCDにすることなどで価格を抑えたモデル。カラーはブルー、ピンク、シルバーを用意する。

 連写速度がDSC-WX60の10コマ/秒から1コマ/秒になっているほか、動画もフルHDではなく、MPEG-4の720pとなっている。最高感度もDSC-WX60が画素混合でISO12800で撮影できるのに対して、ISO3200までとなる。なお、レンズはDSC-WX60と同様の8倍ズーム。

 360度スイングパノラマ、動画とパノラマ対応のピクチャーエフェクト、ビューティーエフェクトなどはDSC-WX60と同じく利用可能。

DSC-WX60とDSC-W730に対応するジャケットケース「LCJ-WB」(1,365円)も用意する。
製品名 サイバーショットDSC-WX60 サイバーショットDSC-W730
撮像素子 1/2.3型有効1,620万画素 Exmor R CMOSセンサー 1/2.3型有効1,610万画素CCD
レンズ 25-200mm相当(35mm判換算)F3.3-6.3
最短撮影距離 5cm(広角端)、150cm(望遠端)
手ブレ補正 光学式
感度 ISO100-3200
ISO6400/12800(画素混合)
ISO80-3200
露出プログラム プログラムAE
シャッター速度 4-1/1,600秒(全モードあわせて) 2-1/1,600秒(全モードあわせて)
液晶モニター 2.7型約23万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックPROデュオなど
連写速度 約10コマ/秒 約1コマ/秒
動画記録 AVCHD(1,920×1,080・60i)/MP4など MP4(1,280×720ピクセル、30fps)など
バッテリー リチウムイオン充電池「NP-BN」、「NP-BN1」
撮影可能枚数 約230枚 約200枚
外形寸法 92.3×52.5×22.5mm 93.1×52.3×22.5mm
質量 約124g(本体)
約108g(バッテリー、メモリーカード含む)
約122g(本体)
約106g(バッテリー、メモリーカード含む)

(本誌:武石修)