ニュース

ニコン、AF追従15コマ/秒の「Nikon 1 J3」

〜CXフォーマット以上で最小ボディ

 ニコンは、Nikon 1マウントを採用するレンズ交換式デジタルカメラ「Nikon 1 J3」を2月に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格はボディ単体が7万円前後、「1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6」の付属する標準ズームキットが8万円前後、「1 NIKKOR VR 10-100mm F4-5.6」の付属する小型10倍ズームキットが10万円前後の見込み。

標準ズームキット
小型10倍ズームキット

 2012年9月に発売したEVF非搭載モデル「Nikon 1 J2」の後継機。EVF内蔵の上位ライン「Nikon 1 V2」の特徴でもある「連続撮影15コマ/秒(AF追従)・60コマ/秒(AF固定)」、高速連写をスロー再生して1枚を選ぶ「スロービュー」などの機能を継承。バッファー容量(連続撮影可能コマ数)を除く仕様はNikon 1 V2と同等としている。

 無線LAN経由でスマートフォンから画像受信やライブビュー撮影可能なワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」や、Fマウントのニッコールレンズ用アダプター「FT1」も利用できる。

メニュー画面。P/A/S/Mといった露出モードはNikon 1 J2と同様に画面内で選択する
ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」に対応

 73点の位相差AFと135点のコントラストAFを自動で使い分ける「アドバンストハイブリッドAFシステム」を利用可能。有効1,425万画素の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」を採用し、世界最短の撮影タイムラグを謳う。感度はISO160〜6400。

有効1,425万画素のスーパーハイスピードAF CMOSセンサーを採用

 前面外装にアルミを採用。ボディサイズはニコンCXフォーマット(13.2×8.8mm)以上のイメージセンサーを採用するレンズ交換式デジタルカメラにおいて最小としている。

 水深40m対応のウォータープルーフケース「WP-N2」もラインナップする。価格は7万7,700円。

ウォータープルーフケースWP-N2

 Nikon 1 S1と兼用のボディーケースセット「CB-N2200S」(9,450円)をラインナップ。ブラック、ホワイト、レッド、ピンク、カーキ、ワインレッド、ベージュの7色を用意する。加えてボディケース部分のみを「CB-N2200」(5,250円)として発売する。

CB-N2200S
CB-N2200

 グリップ「GR-N2100」はブラックとホワイトを用意。価格は7,350円。Nikon 1 S1と兼用。

グリップGR-N2100
製品名 Nikon 1 J3 (参考)Nikon 1 J2
発売時期 2013年2月 2012年9月
撮像素子 有効1,425万画素CMOS 有効1,015万画素CMOS
フォーマット ニコンCXフォーマット(13.2×8.8mm)
マウント ニコン1マウント
手ブレ補正 レンズシフト式(対応レンズのみ)
感度 ISO160-6400 ISO100-6400(拡張設定含む)
露出プログラム プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出
測光方式 マルチパターン、中央部重点、スポット
液晶モニター 3型約92万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
連写速度(AF追従) 約15コマ/秒 約10コマ/秒
動画記録 H.264(1,920×1,080・60i)など
バッテリー リチウムイオン充電池「EN-EL20」
外形寸法 101.0×60.5×28.8mm 106×61×29.8mm
質量(撮影時) 244g 237g

(本誌:鈴木誠)