【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

オリンパス、大口径望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」を正式発表


 オリンパスは、マイクロフォーサーズ用交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」を7月中旬に発売する。価格は12万4,950円。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

 35mm判換算の焦点距離150mm F1.8の大口径望遠単焦点レンズ。オリンパスがCP+2012に参考出品していた同名のレンズを正式に発表したもの。同社では「ハイグレード・ポートレートレンズ」として訴求する。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2などと同様、ZEROコーティングを施した

 ED(特殊低分散)レンズ3枚により軸状色収差を補正。加えて、HR(高屈折率)レンズ3枚により球面収差を補正。9群10枚のレンズをバランスよく配置することで、口径食の発生を可能な限り封じ込めたとする。

 また、二線ボケや色収差によるエッジの色付きも排除する設計を行ない「M.ZUIKO DIGITALシリーズ最高クラスの画質を実現した」としている。ゴーストやフレアを抑えるZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングもほどこした。

OLYMPUS OM-D E-M5への装着例(フードなし) フード付
OLYMPUS PEN E-P3への装着例(フードなし)

 高速かつ静粛なAF動作が可能というMSC(Movie & Still Compatible)機構も搭載した。フォーカシングは、レンズ全長が変化しないインナーフォーカスを採用。外装は金属。フォーカスリングも金属製で、MF時に手触りが良いとしている。

 最短撮影距離は0.84m。最大撮影倍率は0.1倍。絞りは9枚の円形絞り。フィルター径は58mm。

オプションのレンズフード「LH-61F」 装着例
オプションの金属製レンズキャップ「LC-61」

 サイズは64×69mm(最大径×全長)。重量は305g。専用オプションとして、レンズフード「LH-61F」(1万500円)と金属製レンズキャップ「LC-61」(5,250円)を7月中旬に発売する。LH-61Fには、フードを装着した状態で着脱が可能な内つまみ方式のレンズキャップ「LC-58C」が付属する。

M.ZUIKO DIGITALレンズのロードマップ(CP+2012のプレゼンテーションより)。2012年中には「ネイチャーマクロレンズ」(M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)も投入する




(本誌:武石修)

2012/5/24 14:03