【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

ソニー、業界初のXQDメモリーカードとカードリーダー


 ソニーは、デジタルカメラ向けの記録メディア「XQDメモリーカード」と対応カードリーダーを2月15日に発売する。

XQDメモリーカード

 容量32GBの「QD-H32」と同16GBの「QD-H16」を用意する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はQD-H32が3万3,000円前後、QD-H16が2万円前後の見込み。業界初の商品化としている。

QD-H32 QD-H16

 XQDメモリーカードは、CompactFlash Association(CFA)が2011年12月に発表した新規格のメモリーカード。インターフェースにはPCI Expressを採用する。

 QD-H32とQD-H16では、高速データ処理を可能とするソニー独自のコントローラーを採用。加えて、高速化に適したフラッシュメモリーを採用することで、読み書きとも125MB/秒の転送速度を実現した。

 ソニーによれば、同日にニコンが発表したデジタル一眼レフカメラ「D4」(1,620万画素)で使用した場合、圧縮RAW/12ビット記録時は約100コマの連続撮影が可能という。6日時点でXQDメモリーカードに対応したデジタルカメラはD4のみ。

D4はXQDメモリーカードとCFのダブルスロットを備えている

 「高速化に加えて撮影データを守る高い信頼性により、プロフェッショナル用途にも応えられるメディア」(ソニー)という。

 動作温度は-25〜65度、保存温度は-40〜85度。サイズは約29.6×3.8×38.5mm、重量は約10g。

XQDカードリーダー「MRW-E80」

 XQDメモリーカード専用のUSB 3.0対応カードリーダー。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4,000円前後の見込み。

MRW-E8

 本体サイズは約50×86×12.5mm、重量は約42g。

XQDエクスプレスカードアダプター「QDA-EX1」

 エクスプレスカードスロット対応のXQDメモリーカード専用アダプター。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4,000円前後の見込み。

QDA-EX1

 本体サイズは約34×75×5mm、重量は約13g。





(本誌:武石修)

2012/1/6 14:38