【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

SLR Magic、F0.95のEマウント/マイクロフォーサーズ用50mmレンズ


 アドプラスは、SLR Magicの交換レンズ「NOKTOR HyperPrime 50mm f/0.95」を20日に発売した。価格は9万9,800円。マイクロフォーサーズ用とEマウント用を用意する。当初はamazon.co.jpのみで扱い、近日に全国のカメラ店でも販売する予定。

NOKTOR HyperPrime 50mm f/0.95

 実焦点距離50mmで、開放F値がF0.95と明るいMF単焦点レンズ。「開放絞りで撮影すると極端に被写界深度が浅い、大きなボケのある写真やムービーが撮影できる」(アドプラス)としている。

 マイクロフォーサーズ用でF0.95の交換レンズとしてはコシナ「NOKTON 25mm F0.95」(マイクロフォーサーズマウント、9万9,750円)があるが、Eマウント用レンズとしてはNOKTOR HyperPrime 50mm f/0.95が最も明るいレンズになると見られる。

 また開放F0.95の現行レンズとしては、ライカの「ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH.」(Mマウント、111万3,000円)が知られている。

マウント側にピントリング、先端側に絞りリングを備える マウント
カメラへの装着例

 レンズエレメントは日本製で、本体の組み立ては香港で行なう。レンズには“MADE IN JAPAN”の表記が入る。

 レンズ構成は7群9枚。最短撮影距離は0.6m。絞り羽根は8枚。フィルター径は62mm。重量は490g。鏡筒は金属製。金属製のフロントレンズキャップが付属する。

付属の金属製フロントレンズキャップ

【2011年9月20日】製造国に関する部分とレンズ構成について追記しました。




(本誌:武石修)

2011/9/20 15:18