【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

【フォトキナ】写真で見るライカM9チタン


 ライカがフォトキナ2010で発表した「M9チタン」をライカブースの商談スペースで撮影することができたので、外観写真をメインにした記事を掲載する。

 M9チタンは、M9をベースにフォルクスワーゲンのカーデザイナーがM9のデザインを見直した製品。238万円という価格(予定)も話題になった。世界500台限定だが、日本に入荷する数はまだ決定していないという。発売は12月。

 金属ボディは仕上げによっては指紋が付きやすいが、M9チタンでは外装の表面にセラミックコーティングを施すことで指紋を付きにくくしている。また、同梱のレンズ「ズミルックスM f1.4/35mm ASPH.」も本体同様の純チタン仕上げ。フードやキャップ類もチタン製となっている。

 ユニークな形状のショルダーホルスターも付属する。M9チタンに付属するフィンガーループストラップに指をかけて引き抜くと、すぐに撮影体勢をとれる。フィンガーループストラップの指掛かりもよく、スムーズな出し入れができた。本体の巻皮、ショルダーホルスター、フィンガーループ、ショルダーストラップともアウディの高級車「A8」のダッシュボードと同じ革素材を使用しているという。

同梱の「ズミルックスM f1.4/35mm ASPH.」を装着したところ
赤丸のLeicaロゴは手作業でロゴを彫り込んで白のエナメルを流し込んでおり、ベースモデルとは異なっている
本体の巻皮はダイヤモンドパターンのエンボス加工を施している フィンガーループとショルダーストラップは本体側面の穴と接続して固定する。ストラップ類を使用しない場合のために、穴をふさぐパーツも付いてくる
ズミルックスM f1.4/35mm ASPH.
フードのほか、レンズキャップ、ボディキャップ、フードを取り外した際に装着するリングなどもチタン製となっている。
同梱のショルダーホルスター 使用例
ショルダーホルスターを装着し、ユーザーの目線から撮影したところ
製本技術を用いて製作したというケースに収めて出荷する M9チタンの誕生秘話、デザインスケッチ、製作風景、デザイナーへのインタビューなどを収録したストーリーブックも付属



(本誌:武石修)

2010/9/28 11:55