【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

キヤノン、EOS初のバリアングル液晶モニター搭載機「EOS 60D」

〜カメラ内RAW現像にも対応

EOS 60D

 キヤノンは、バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」を9月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格はボディのみで13万円前後の見込み。

 2種類のレンズキットも用意する。いずれもオープンプライス。「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットが14万円前後、「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットが17万円前後の見込み。ダブルズームキットはラインナップしない。


EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISを装着したEOS 60D EF-S 18-135mm F3.5-5.6 ISを装着したEOS 60D

 2008年9月に発売した「EOS 50D」の後継機。EOSシリーズとして初めてバリアングル式の液晶モニターを搭載した。液晶モニターは104万ドットの3型ワイド。最大1,920×1,080ピクセルのフルHD動画記録に対応し、撮像素子には有効1,800万画素のCMOSセンサーを採用するなど、2月発売のエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」との共通点が見られる一方、光学ファインダーの視野率をEOS 50Dの約95%から約96%に向上するなどのスペックアップも図っている。

バリアングル式液晶モニターを搭載
背面向かって左方向に可動する 手に持ったところ
液晶モニターを裏返したところ

 本体上面の操作ボタンは、1ボタン1ファンクションに変更。上面操作ボタンでの設定可能項目が減少した代わりに、EOS Kiss X4にも装備していた「クイック設定ボタン」を本体背面に新設した。

 また、バリアングル式液晶モニターの搭載に伴い、背面のボタンレイアウトを一新した。マルチコントローラーとサブ電子ダイヤルは、両者を同軸上に配置した「マルチサブ電子ダイヤル」として再構成。指の動きを少なくすることで操作感を向上したほか、バッテリーグリップを装着して縦に構えた場合に、マルチコントローラーに指が届きにくくなるケースの解消を図るもの。モードダイヤルにはダイヤルロックを備えた。

上面操作ボタンは1ボタンに1機能を割り当てる マルチサブ電子ダイヤル
モードダイヤルにはダイヤルロックを備えた ロゴのすぐそばに内蔵マイクを配置
側面にはスピーカーやHDMI端子を有する メモリーカードスロット。SDXCに対応する

 機能面では、カメラ内RAW現像機能をキヤノン製デジタル一眼レフカメラとして初めて搭載する。設定可能な項目は、明るさ調整、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、オートライティングオプティマイザ、高感度撮影時のノイズ低減、JPEG記録画質、色空間、周辺光量補正、歪曲補正、色収差補正。このほか、画像のリサイズも行なえるようになった。

 撮影者のイメージに合わせたカメラ設定を行なう「表現セレクト機能」も新機能。カメラの標準設定で撮影した画像がイメージと異なっているが、カメラをどう設定するべきかわからない場合に利用できるアシスト機能という位置付け。

 得られる画像の方針を指定する「雰囲気を選んで撮影する」と、シーンに合わせてホワイトバランスを設定できる「明かりや状況に合わせて撮影する」の2項目からなり、いずれもライブビュー撮影時に効果を確認しながら撮影できる。

 「雰囲気を選んで撮影する」は、コントラストや露出補正といった撮影設定パラメータのプリセットに相当する。選べる“雰囲気”は、「標準設定」、「くっきり鮮やかに」、「ふんわりやわらかく」、「暖かくやさしく」、「しっとりと深みのある」、「ほの暗くひっそりと」、「明るく」、「暗く」、「モノクローム」の9種類。それぞれ「弱め」、「標準」、「強め」の3段階で適用強度を設定可能。

 「明かりや状況に合わせて撮影する」では、「標準設定」、「日なた」、「日かげ」、「くもり」、「電球」、「蛍光灯」、「夕焼け」の7種類から選択できる。

 なお表現セレクト機能は、クリエイティブ全自動(CA)と応用撮影ゾーン(ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景ポートレート)以外の撮影モードでは使用できない。

EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMを装着したEOS 60D EF-S 60mm F2.8 マクロ USMを装着したEOS 60D

 このほか、ワイヤレス制御対応のストロボを制御できるトランスミッターを内蔵。カメラ単体でクリップオンストロボなどによる多灯撮影を制御可能になった。また、液晶モニター、ファインダー内、上面表示パネルに電子水準器を表示可能になった。左右±9度までの傾きを表示できる。

 さらに、ライブビュー撮影時専用の機能として、「マルチアスペクト」を新搭載した。選択できるアスペクト比は、標準設定の3:2に4:3、16:9、1:1を加えた4種類。ライブビュー画面には、選択したアスペクト比のトリミング線を表示する。

 カメラ内エフェクト機能としては、「アートフィルター」を新搭載。撮影画像に対して「ソフトフォーカス」、「ラフモノクロ」、「トイカメラ風」、「ジオラマ風」のエフェクトを施せる。撮影後にアートフィルターを変更することも可能(M-RAW、S-RAWを除く)。

スピードライト430EX IIを装着したEF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISレンズキット スピードライト270EXを装着したEF-S 18-135mm F3.5-5.6 ISレンズキット

 撮像素子のセンサーサイズはAPS-C相当(22.3×14.9mm)。最大記録解像度は5,184×3,456ピクセル。感度はISO100〜6400、拡張設定でISO12800までの増感が可能。センサークリーニング機能も備える。映像エンジンは「DIGIC4」。記録解像度には、従来のL(5,184×3,456ピクセル)、M(3,456×2,304ピクセル)、S(2,592×1,728ピクセル)に加え、新たにS2(1,920×1,280ピクセル)、S3(720×480ピクセル)を追加。S2とS3の用途として、Web用画像を想定するとしている。

 動画機能「EOSムービー」には新機能として「ウィンドカット」機能を搭載。風の影響を受ける屋外で撮影する際に、風の「ボコボコ」という音の影響を低減できるとしている。そのほかの仕様はEOS Kiss X4とほぼ同等。記録解像度とフレームレートは1,920×1,080ピクセル(30p/25p/24p)、1,280×720ピクセル(60p/50p)、640×480ピクセル(60p/50p)。記録形式はMOV(H.264)。音声は内蔵のモノラルマイクおよび外部ステレオマイク端子から録音可能。録音レベルは調整可能。

 HDMIミニ出力端子を備える。センサー中央部の640×480ピクセルのみを記録し、約7倍の望遠効果を得ることができる「動画クロップ」も引き続き利用できる。

 光学ファインダーは視野率約96%、倍率約0.95倍、アイポイント約22mmのペンタプリズム式。中央F2.8対応の全点クロス9点AFセンサーを備える。フォーカシングスクリーンは交換式。シャッター速度は1/8,000〜30秒。

 内蔵ストロボのガイドナンバーは約13(ISO100・m)。連続撮影コマ数は約5.3コマ/秒。EOS 50Dは約6.3コマ/秒だった。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカードに対応。無線LANメモリーカード「Eye-Fi」にも対応する。

 電源はリチウムイオン充電池「LP-E6」。2009年10月発売の「EOS 7D」と共用できる。CIPA準拠の撮影枚数はファインダー使用時で約1,100枚、ライブビュー使用時で約320枚。本体サイズは144.5×105.8×78.6mm。重量は約675g(本体のみ)、約755g(撮影時)。

 オプションとして、バッテリーグリップ「BG-E9」を用意する。EOS 50Dなどで使用できた「BG-E2N」よりも幅を薄くして、ホールディング性の向上を図ったとしている。

バッテリーグリップ「BG-E9」 BG-E9を装着したEF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISレンズキット
BG-E9を装着したEF-S 18-135mm F3.5-5.6 ISレンズキット

各種パーツ類

CMOSセンサー ペンタプリズム
AFセンサー AFユニット
シャッターユニット セルフセンサークリーニングユニット
 
主な仕様の比較
  EOS 60D EOS 50D EOS Kiss X4 EOS 7D
発売時期 2010年8月 2008年9月 2010年2月 2009年10月
店頭価格(発売時、ボディのみ) 13万円前後 15万円前後 9万円前後 19万円前後
撮像素子 タイプ CMOS
サイズ APS-Cサイズ相当(22.3×14.9mm)
有効画素数 1,800万 1,510万 1,800万
最高感度 通常設定 ISO6400 ISO3200 ISO6400
拡張設定 ISO12800
映像エンジン DIGIC4 DIGIC4×2
ダスト対策 センサークリーニング
ライブビュー
EOSムービー 最大解像度 1,920×1,080 × 1,920×1,080
フレームレート
(最大解像度時)
30p/25p/24p × 30p/25p/24p
ファインダー ペンタ部 ペンタプリズム ペンタミラー ペンタプリズム
視野率 約96% 約95% 約100%
倍率 約0.95倍 約0.87倍 約1.0倍
アイポイント 約22mm 約19mm 約22mm
位相差AF測距点 9点 19点
シャッター 最高速度 1/8,000秒 1/4,000秒 1/8,000秒
ストロボ
同調速度
1/250秒以下 1/200秒以下 1/250秒以下
連続撮影速度 約5.3コマ/秒 約6.3コマ/秒 約3.7コマ/秒 約8コマ/秒
液晶モニター サイズ 3型ワイド 3型 3型ワイド 3型
ドット数 約104万画素 約92万画素 約104万画素 約92万画素
バリアングル ×
記録メディア SDXC/SDHC/SD CF SDXC/SDHC/SD CF
内蔵ストロボ(ISO100) GN13 GN12
HDMI端子
外部マイク端子 ×
電源 LP-E6 BP-511A LP-E8 LP-E6
撮影可能枚数
(CIPA準拠、ファインダー時)
約1,100枚 約640枚 約440枚 約800枚
本体サイズ 144.5mm 145.5mm 128.8mm 148.2mm
奥行 78.6mm 73.5mm 75.3mm 73.5mm
高さ 105.8mm 107.8mm 97.5mm 110.7mm
重量(本体のみ) 約675g 約730g 約475g 約820g

【2010年8月27日】本文中の「アイポイント約19mmのペンタプリズム式」との誤記を「アイポイント約22mmのペンタプリズム式」に修正しました。

【2010年8月28日】主な仕様の表で、EOS 7Dの撮影可能枚数を「約640枚」と記載しておりましたが正しくは「約800枚」です。

(本誌:関根慎一)

2010/8/26 13:00