【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

カシオ、裏面照射型CMOSセンサー搭載の薄型ハイスピード機「EX-FH100」


 カシオは、光学10倍ズームレンズを備えたハイスピードムービー搭載機「HIGH SPEED EXILIM EX-FH100」を4月9日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。本体カラーはブラックとシルバー。

ブラック シルバー

 薄型モデルながら焦点距離24〜240mm相当の10倍ズームレンズを搭載し、最大1,000fpsの動画撮影機能「ハイスピードムービー」を備えた高倍率モデル。ラインナップ上、「HIGH SPEED EXILIM EX-FC150」の上位機種にあたる。海外では1月に発表済みで、国内でも正式に発売が決まった。

 1/2.3型有効約1,010万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。暗所でもノイズを抑えた画質を実現するという。カシオの現行機種で裏面照射型CMOSセンサーを搭載するカメラは3機種目。

 新機能として、メカシャッターのみで最大10枚/秒の連写が可能な「F連写」を搭載した。フル画素で最大20枚まで連続で撮影できる。シャッターはレンズシャッター。

 最大1,280×720ピクセル、30fpsのHD動画記録に対応。ワンタッチで録画と停止を切り替えられる「ムービーボタン」を備えるほか、ステレオマイクやHDMI端子を内蔵する。

 このほか、シャッターを押す前のシーンを撮影できる「パスト連写」、連写した複数の画像を合成して手ブレやノイズを低減する「HS夜景」、露出の異なる3枚の連写画像を合成してダイナミックレンジを拡大する「HSライティング」といった高速連写を活かした各種機能も引き続き利用できる。

背面

 感度はISO100〜3200。センサーシフト式の手ブレ補正機構を有する。動画の記録形式はAVI(Motion JPEG)。ハイスピード動画は224×64ピクセルで1,000fps、224×168ピクセルで420fps、448×336ピクセルで30〜240fps、640×480ピクセルで30〜120fpsの記録に対応する。

 レンズの開放F値はF3.2〜5.7。最短撮影距離は広角端で約15cm、マクロモードで約7cmから。

 プログラムAEのほか、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出も使用可能。RAW(DNG)記録も行なえる。液晶モニターは約23万ドットの3型。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード。85.9MBの内蔵メモリーを備える。

 電源はリチウムイオン充電池「NP-90」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約520枚。本体サイズは105×29.9×63.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約183g(電池およびメモリーカード除く)、約227g(電池およびメモリーカード含む)。

 なお、専用アクセサリーとして、カメラケース「ESC-240」(3,675円)を用意する。カラーはブラック、ホワイト、ブラウンの3種類。

ブラック(ESC-240BK) ホワイト(ESC-240WE)
ブラウン(ESC-240BN)

【2010年3月9日】専用カメラケースの画像を追加しました。



(本誌:関根慎一)

2010/3/9 17:46