【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

キヤノン、「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark III」「EOS 5D Mark II」の最新ファームウェア

〜新型ワイヤレスファイルトランスミッターに対応

 キヤノンは17日、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark III」、「EOS-1D Mark III」、「EOS 5D Mark II」について、最新ファームウェアを公開した。12月下旬発売予定のワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E2 II B」、または「WFT-E4 II B」への対応が主な内容。

 それぞれのバージョン番号は次の通り。

  • EOS-1Ds Mark III:1.2.0
  • EOS-1D Mark III:1.3.0
  • EOS 5D Mark II:1.2.4

 いずれも更新することで、WFT-E2 II B(EOS-1Ds Mark III、EOS-1D Mark III)、WFT-E4 II B(EOS 5D Mark II)との組み合わせが可能になる。また、カメラの通信モードの表記が次のように変化する。

  • FTP→FTP転送
  • PTP(PC)→EOSUtility
  • HTTP→WFTserver
  • HTTPアカウント→WFTアカウント

 加えてEOS 5D Mark IIのみ、バルブ撮影を繰り返した場合、ノイズが多い画像となる場合がある現象を修正した。カスタムファンクションのII-1「長秒時露光のノイズ低減」を「2:する」にして、撮影した画像を生成中に次の撮影を行なうと、ノイズが多い画像になる問題が解消するという。

 なおキヤノンは17日、既存のワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E2」および「WFT-E2A」の最新ファームウェアも公開している。内容は、12月下旬発売予定のデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark IV」への対応。

 WFT-E2 II Bは、EOS-1D Mark IV用としてキヤノンが10月20日に発表した製品。対応カメラに取付けることで、撮影画像を無線または有線LANで送信できる。発表時、対応機種としてEOS-1D Mark IVしかアナウンスがなかった。

【2009年12月22日】初出時に漏れていたWFT-E4 II Bに関する情報を追加しました。



(デジカメWatch編集部)

2009/12/17 16:11


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.