【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

キヤノン、「EOS 7D」のファームウェアVer.1.0.9を公開


EOS 7D

 キヤノンは19日、2日に発売したデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」のファームウェアを更新した。バージョン番号は1.0.9。

 更新内容は次の通り。

  • ライブビュー撮影において「ライブモード」、「(顔優先)ライブモード」のAF精度を向上
  • ごく稀に、動画撮影時に画像が正常な色で記録されない現象の修正
  • ストロボ撮影時にタイミングによってはシャッターレリーズができない現象の修正

 ストロボ撮影時の現象についてはバージョン1.0.8で修正しているもの。

 ファームウェアの更新はCF経由で行なう。

 EOS 7Dは、APS-Cサイズ相当の有効1,800万画素CMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ。発売は10月2日。実勢価格はボディのみが19万円前後、EOS 7D EF-S15-85IS Uレンズキットが27万円前後、EOS 7D EF-S18-200ISレンズキットが26万円前後。

(本誌:鈴木誠)

2009/10/19 13:42


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.