【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ソニー、35mmフルサイズ機第2弾「α850」を海外発表

〜ファインダー視野率98%のコストダウン機

 ソニーは28日、35mmフルサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ「α850」を海外で発表した。発売は9月で、価格は2,000ドル。国内での発売は未定。

α850 α850

 同社が2008年10月に発売した「α900」に続く、35mmフルサイズセンサー搭載機。α900との主な機能の違いは、光学ファインダーの視野率。それ以外の機能はほぼα900と共通。撮像素子は、35.9×24mm有効2,460万画素のCMOSセンサー「Exmor」でα900と同じ。映像エンジンもデュアルBIONZを継承した。ボディの外観もα900とほぼ同一。すべてのα900対応アクセサリーが使用可能となっている。なお、メニュー言語は15カ国語に対応しているが日本語は含まれていない。

 光学ファインダーの視野率は、約100%だったα900から約98%に引き下げた。コストダウンを図ることで、35mmフルサイズ機の普及を進める。ちなみにα900の米国での実勢価格は2,700ドル前後。α850は約700ドル程度安くなる見込み。ペンタプリズムはガラス製。倍率0.74、アイポイントはアイピースレンズから20mmでそれぞれα900と同じ。測距点は9点を引き継いだ。

 感度はISO200〜3200、拡張設定によりISO100〜ISO6400での撮影も可能。センサーシフト式の手ブレ補正機構も搭載する。また、「Dレンジオプティマイザー」も引き続き採用する。連写速度は3コマ/秒。

α850 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着したα850

 撮影前に画像確認ができる「インテリジェントプレビュー」をα900から引き続き搭載した。海外で同時に発表した「α550」と「α500」が搭載している像面ライブビュー「マニュアルフォーカスチェックライブビュー」は搭載していない。またα900同様に、「クイックAFライブビュー」も非搭載となっている。

 シャッター速度は1/30〜1/8,000秒とバルブ。シンクロ速度は最高1/250秒。内蔵ストロボは搭載していない。液晶モニターは約92万ドットの3型で、固定式。記録メディアはCFとメモリースティックPROデュオ。HDMI端子も備える。電源はα900と同じリチウムイオン充電池「NP-FM500H」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約880枚。

 本体サイズもα900と同一で、156.3×81.9×116.9mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量約850gとなっている。


(本誌:武石修)

2009/8/28 12:21


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.