【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ペンタックス、防水デジカメに低価格モデル「Optio WS80」


 ペンタックスは、水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「Optio WS80」を8月27日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円台後半の見込み。カラーバリエーションは、ブラックプラスオレンジ、ホワイトプラスパープル。

ブラックプラスオレンジ ホワイトプラスパープル

 「Optio W」シリーズの最新機種で、水中撮影が可能な防水性能と防塵性能を持つ。Optio W80のような対衝撃性能はもたない。レンズ前面の保護ガラスに撥水性の「SP(Super Protect)コーティング」を施したため、水滴がつきにくいという。

 なお、防水性能はIPX8(JIS保護等級8)相当、防塵性能はJIS保護等級6級相当。耐圧水深は1.5mとなっている。

 より精度が向上したという「顔認識AE&AF」に加え、新たに「小顔フィルター」を搭載。検出した顔部分のみを、撮影後に3段階から選んで小さくできるというもの。デジタル一眼レフカメラ「K-7」などに搭載されているデジタルフィルター「フィッシュアイ」と逆の処理を行なっている。

ブラックプラスオレンジ ブラックプラスオレンジ
ホワイトプラスパープル ホワイトプラスパープル

 撮影素子は1/2.3型有効1,000万画素CCD。感度はISO64〜6400。1,280×720ピクセル、30fpsのハイビジョン動画撮影(Motion JPEG)が可能。静止画の電子式手ブレ補正機能に加え、動画撮影時の手ブレを補正する「Movie SR」機能も搭載する。

 レンズは35mm判換算の焦点距離35〜175mm、F3.8〜4.7の光学5倍ズーム。最短撮影距離は40cm。マクロモードでは0.1〜0.5mの近接撮影が可能。

 被写体の状況をカメラが判断し、最も適した撮影モードを自動的に選択する「オートピクチャー」モードを利用可能。2枚の撮影画像をカメラ内で合成し、焦点距離25.4mm相当(35mm判換算)の撮影が可能な「デジタルワイド」機能も搭載する。

 液晶モニターは約23万ドットの2.7型。2.5型のW80と同じドット数で大型化している。記録メディアはSDHC/SDメモリーカードおよび約33.6MBの内蔵メモリー。電源はリチウムイオン充電池「D-LI88」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約200枚。

 本体サイズは約91.5×22×59.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約105g(電池・SDメモリーカード含まず)、約125g(電池・SDメモリーカード含む)。



(本誌:鈴木誠)

2009/8/6 10:00


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.